人生にゲームをプラスするメディア

【Nintendo World 2011】『レイトン教授と奇跡の仮面』ロンチにして安心の出来

任天堂 3DS

【Nintendo World 2011】『レイトン教授と奇跡の仮面』ロンチにして安心の出来
  • 【Nintendo World 2011】『レイトン教授と奇跡の仮面』ロンチにして安心の出来
シリーズ第5弾にしてニンテンドー3DSのロンチタイトルに決定したレベルファイブの『レイトン教授と奇跡の仮面』。明日まで開催の「Nintendo World 2011 ニンテンドー3DS体験会」ではプレイアブルで展示されています。

■ストーリー
一通の手紙を受け取り、カジノシティ・モンテドールに訪れたレイトンたち。そこでは、“奇跡の紳士”が様々な奇跡を起こし、人々を恐怖に陥れているという。レイトンとルークは早速調査をはじめるのだが……。奇跡の紳士とは? さらに、さまざまな奇跡とは?現代のレイトン、過去の高校生時代のレイトン、2つの時間軸が平行してストーリーが進みます。

「レイトン教授」シリーズで初めてフル3Dで描かれる本作。レイトン教授やルーク少年もポリゴンで描かれ、世界を表情豊かに歩き回ります。前作までの描き込まれたテイストとの違和感を感じる事もなく、むしろ3Dになり表現力が上がることでレベルファイブの絵作りの上手さがより強調されています。美しいモンテドールを歩くのが楽しみになりそうです。

メインの街中の場面での操作方法は基本的には前作までを踏襲。一部変更になっているのは、画面の中からナゾやひらめきコインを探す動作で、これまでは下画面で直接タッチペンでタッチして怪しい個所を探していましたが、今作では上画面にカーソルが表示され、それを下画面にタッチペンを走らせることで操作します。

体験版では街に現れるようになったという奇跡の紳士についての情報を探す序盤が体験できました。2つのナゾが登場します。一つは先日のLEVEL 5 VISION 2010でも紹介された、てんとう虫の問題。もう一つは今回初公開のペンギンの問題です。

てんとう虫の問題は、トウモロコシの中をてんとう虫を動かしてもう一匹のてんとう虫の場所まで導くもの。トウモロコシがドラムのように回転し、3D立体視を活かした問題になっています。ペンギンの問題は碁盤の上でペンギンを上手く動かして所定の位置に導くもの。3Dを活かしたものではないですが、なかなか頭を使わせるものでした。

もはや多くを語る必要はないくらい広く支持される「レイトン教授」シリーズですが、本作もロンチタイトルの一つとして最初のチョイスにふさわしい出来になっていそうでした。3Dを活かしたナゾの数々に期待です。2月26日発売、価格は5980円です。

10日にはレベルファイブの日野社長が登壇して本作や他の3DSラインナップについて説明する予定。新作もありそうなのでご期待を。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  2. 『モンハン ストーリーズ』の3DSテーマ4種類が配信決定―キュートなアイルーからカッコいいオトモンまで

    『モンハン ストーリーズ』の3DSテーマ4種類が配信決定―キュートなアイルーからカッコいいオトモンまで

  3. 『ペーパーマリオ カラースプラッシュ』TVCM公開―撮影の裏側が見えるNGシーンも…

    『ペーパーマリオ カラースプラッシュ』TVCM公開―撮影の裏側が見えるNGシーンも…

  4. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  5. 『ポケモン ダイヤモンド・パール』は今日で10周年!ゲームフリークの大森滋が記念イラストを公開

  6. 『スプラトゥーン』立体パズルが11月末発売決定―全部組み立てなイカ?

  7. 「ビットキャッシュ」ニンテンドープリペイド番号の取扱いを開始、6種類の価格で購入可能

  8. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  9. 【特集】インティ・クリエイツ社長に訊く『ガンヴォルト』誕生秘話…目標本数はない、だから好きに作れ

  10. 『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

アクセスランキングをもっと見る

page top