人生にゲームをプラスするメディア

様々な言葉で問題を解決『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』最新PV公開

任天堂 DS

ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート
  • ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート
  • ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート
  • ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート
  • ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート
  • ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート
  • ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート
  • ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート
  • ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート
コナミは、2011年1月27日(木)に発売を予定しているニンテンドーDSソフト『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』のプロモーション映像を公開しました。



『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』は、書いた言葉がアイテムになり、それを使ってステージをクリアしていくというパズルゲームです。使用できる言葉はなんと2万語以上。そんな本作のポイントを解説したPVが公開されました。



蝶を捕まえるために「はな」「トランポリン」などを出現させています、他にも「りゅう」の背に乗ったり、「れいとうじゅう」で凍らせたり、「バスケット」をかぶせて落としたり・・・といった、本当に様々な方法で解決が可能です。



問題も、「坂を利用して大ジャンプする」「マネキンに服を着せる」「サンタにプレゼントをする」など、一風変わったものも存在するようです。どんな方法で解決できるか考えてみましょう。

『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』は、2011年1月27日に発売予定で価格は3,980円(税込)です。

Hirameki Pazuru Makkusuueru no Fushigina Nohto software (C) 2011 Warner Bros. Entertainment Inc. Developed by 5th Cell Media LLC. All other trademarks and copyrights are the property of their respective owners. All rights reserved.
Hirameki Pazuru Makkusuueru no Fushigina Nohto, SCRIBBLENAUTS and all related characters and elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc. WB GAMES LOGO, WB SHIELD: TM & (C) Warner Bros. Entertainment Inc. (s11)
《井上晃宏》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『世界樹の迷宮V』迷宮で出会う謎めく少女たちを紹介! すれちがい通信で友達のキャラが迷宮に登場

    『世界樹の迷宮V』迷宮で出会う謎めく少女たちを紹介! すれちがい通信で友達のキャラが迷宮に登場

  2. 【Wii U DL販売ランキング】『マリオ&ソニック AT リオオリンピック』2位、『Mighty No.9』初登場ランクイン(6/27)

    【Wii U DL販売ランキング】『マリオ&ソニック AT リオオリンピック』2位、『Mighty No.9』初登場ランクイン(6/27)

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. 今週発売の新作ゲーム『スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ』『LEGO Star Wars: The Force Awakens』『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』他

  5. 『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』を振り返る映像公開、青沼英二が“HD版で一番やりたかった事”とは

  6. 【CEDEC 2010】『サカつく』のAIの謎が明かされる

  7. 『ポケモン』まぐちポシェット&ファスナーポーチ登場、ピカチュウ・ニョロゾ・コイキングなど

  8. 【E3 2016】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をプレイ!美しい世界、心地いい操作感、そして数々の謎とは

  9. 『牧場物語 3つの里の大切な友だち』新たな結婚候補は褐色キャラ!仲良くなる過程を紹介

  10. 鉄道・箱庭・経営、全方位のおもしろさが進化! 『A列車で行こう3D』飯塚ディレクターインタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top