人生にゲームをプラスするメディア

Touch-DS.jpとWii.com JPが閉鎖

任天堂 Wii

ニンテンドーDSとWiiのプロモーションサイト「Touch-DS.jp」と「Wii.com」が無くなりました。

Touch-DS.jpは、今から6年前のニンテンドーDS発売前にオープン。初めてニンテンドーDSを触った人の反応などを紹介するMy First Touch! DS、任天堂以外のゲーム開発スタッフへインタビューを掲載していたCreator's Voice、そのほかTVCMなどがまとめてありました。ドメインは残っているものの、任天堂ホームページに飛ばされるようになっています。

同じくWii.comもWii専門のプロモーションサイトとしてオープン。メインコンテンツともいえる「社長が訊く」は任天堂ホームページ側に徐々に露出を拡大。逆にWii.comは併載という形で載っていました。こちらも発売を4年迎えるタイミングで移行。
ただし、日本国外の「http://wii.com/」はまだ残っています。

ニンテンドーDSもWiiも独自のプロモーションサイトを用意したので、ニンテンドー3DSも発売が迫ってきた時期に専用サイトが公開されるかもしれません。




余談ですが、「3DS.com」は既に他社が使っていますね。


(Very thanks! 白怖じ屋さん)
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索

    日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索

  2. 短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

    短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

  3. 『ポケモン サン・ムーン』ヨーロッパで210万本の販売を達成、発売から12日で

    『ポケモン サン・ムーン』ヨーロッパで210万本の販売を達成、発売から12日で

  4. 『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

  5. 【インタビュー】箕星太朗が語る『めがみめぐり』の魅力 ― ツクモちゃんとのやりとりで癒されて貰いたいです

  6. 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 『ドラクエX』チート行為に関わったユーザー5名が書類送検、ゲーム内アイテムを不正に生産

  9. クリスマス限定のニンテンドープリペイドカードがローソンで発売中、12月25日まで

  10. 海外TV番組に「ニンテンドースイッチ」が登場!『ゼルダの伝説』最新作を実機プレイ

アクセスランキングをもっと見る