人生にゲームをプラスするメディア

Touch-DS.jpとWii.com JPが閉鎖

任天堂 Wii

ニンテンドーDSとWiiのプロモーションサイト「Touch-DS.jp」と「Wii.com」が無くなりました。

Touch-DS.jpは、今から6年前のニンテンドーDS発売前にオープン。初めてニンテンドーDSを触った人の反応などを紹介するMy First Touch! DS、任天堂以外のゲーム開発スタッフへインタビューを掲載していたCreator's Voice、そのほかTVCMなどがまとめてありました。ドメインは残っているものの、任天堂ホームページに飛ばされるようになっています。

同じくWii.comもWii専門のプロモーションサイトとしてオープン。メインコンテンツともいえる「社長が訊く」は任天堂ホームページ側に徐々に露出を拡大。逆にWii.comは併載という形で載っていました。こちらも発売を4年迎えるタイミングで移行。
ただし、日本国外の「http://wii.com/」はまだ残っています。

ニンテンドーDSもWiiも独自のプロモーションサイトを用意したので、ニンテンドー3DSも発売が迫ってきた時期に専用サイトが公開されるかもしれません。




余談ですが、「3DS.com」は既に他社が使っていますね。


(Very thanks! 白怖じ屋さん)
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

    「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  3. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

    任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

  4. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  5. 『ポケモン サン・ムーン』8月1日22時ごろに新情報が公開

  6. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

  7. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  8. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

アクセスランキングをもっと見る

page top