人生にゲームをプラスするメディア

海外ゲーマーが認定「これまで最もハードだった横スクロールアクションベスト5」

その他 全般

海外ゲーマーが選ぶハードな横スクロールアクションを見ていきましょう。

海外メディアOfficialNitendoMagazineは「これまで最もハードだった横スクロールアクションベスト5」を挙げています。WiiとニンテンドーDSで遊べることを条件に選定されており「もし挑戦するなら裏技を使わずに遊んで欲しい」としています。

■『超魔界村』
「音楽はエース級であり、グラフィックも当時としてはすばらしい。しかし『超魔界村』と戦う人にとってはどちらも重要ではない。これは敵が次々と再出現するひどく無情なゲームで、時にはあなたの足下に敵が現れる」

■『ロックマン』シリーズ
「それぞれの作品を一つとして扱うなら、このリストの全てが『ロックマン』で埋まってしまうほど難しい。もしも挑戦を望むならバーチャルコンソールとWiiウェアにあり、誰もがその選択を呪うだろう」

■『光神話 パルテナの鏡』
「ピットの最初の冒険は悪魔めいたもので、最初の面でさえ精神的にこたえる。小さなクリーチャーがあなたを見つけると同時に攻撃してくる。画面を上にスクロールさせてゲームを進めても、画面外に落ちただけで一発死になる」

■『n+』
「あなたが携帯ゲーム機で欲求不満になっているならニンテンドーDSの『n+』を探すといい。北米でしか発売されていないのでeBayの仕事になるだろうが、探し出すだけの価値はある。目的は簡単で敵を避けて出口へたどり着くだけだが、ゲームは無慈悲で容赦がなく、あなたは何千回も死ぬだろう」

■『スーパーマリオブラザーズ2』
「24年前のゲームだが、マイクロウェーブを浴びせた革と同じくらいにハードだ。ゲームはその当時難しすぎ、任天堂オブアメリカ(NOA)は、代わりに別の『スーパーマリオブラザーズ2』をリリースしようと決めたほどだ(当時海外では日本版の『2』は発売されず、『スーパーマリオUSA』が『2』のタイトルで発売された。後に『2』は『Super Mario Bros.: The Lost Levels』としてリリース)。ゲームはあなたに毒キノコを投げつけ、ワープゾーンで後戻りさせ、1~8ワールドを8周しないとワールドA~Dには行かせない。一言で言うならこれは究極のチャレンジだ」

ゲームは難しいほどやりがいが出てくる・・・という人なら、これらのトップ5に挑戦するのも面白いのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

    【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  2. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  3. 【クイズ】GAMEMANIA!:スーファミ特集

    【クイズ】GAMEMANIA!:スーファミ特集

  4. 8bitカルチャーショップ「CONTROLLER」が札幌にオープン! 「KOG」や「TOKYO PiXEL.」などの商品を取り扱い

  5. 青森シネマディクト、手配違いで「この世界の片隅に」最終完成前バージョンを上映…返金対応など発表するも、SNS上では「むしろ羨ましい」の声も

  6. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』アップデート情報など新情報相次ぐ…『金・銀』ポケモン登場や新たな展開に関心集まる

  7. 劇場版「ソードアート・オンライン」×「神田明神」コラボ絵馬が発売、縁起物のオリジナルイラストデザインが使用

  8. 「figma 雪ミク Twinkle Snow ver.」2017年7月に一般販売―各ストアで予約受付開始

  9. 【お知らせ】「ゲームクラウドアワード2017」の投票を開始しました

  10. 【インタビュー】『バイオハザード7』の恐怖を支えた新技術が凄い ― 写真から3Dモデルを生成、各キャラには実在モデルが居た

アクセスランキングをもっと見る