人生にゲームをプラスするメディア

『スーパーマリオワールド』、日本のWiiユーザーが遊んだ時間は106万6109時間以上

任天堂 Wii

2010年11月21日で発売から20年を迎えた『スーパーマリオワールド』、Wiiでは本体と同時にバーチャルコンソールのラインナップとして配信され、もうすぐで4年経過しようとしています。

『みんなのニンテンドーチャンネル』には、インターネットに接続したWiiのプレイデータを集計する機能があり、どれだけの時間遊ばれているか見ることが出来ます。

■『スーパーマリオワールド』
全国のプレイ合計:1,066,109時間
全国のプレイ回数:1,360,629回
1人あたりの平均時間:10時間39分
1人あたりの平均プレイ回数:13.59回

20年前に発売されたソフトがWiiで100万時間以上遊ばれているのにびっくり。これだけ多くの人がダウンロードして今でもWiiでプレイしているという証明にもなりますね。

では1991年11月21日に発売されて19周年を迎えた『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』もあわせてチェックしてみましょう。バーチャルコンソールで配信された日は『スーパーマリオワールド』と同日です。

■『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』
全国のプレイ合計:385,811時間
全国のプレイ回数:292,454回
1人あたりの平均時間:11時間43分
1人あたりの平均プレイ回数:18.88回

プレイ人口にかなりの差があると思いますが、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』も38万時間と結構なプレイ時間ですね。プレイ回数はアクションアドベンチャーということで、『スーパーマリオワールド』より多くなっています。

バーチャルコンソールでは選りすぐりの名作81本が現在配信中です。古き良き名作をいつでも手軽な値段で購入することができます。

スーパーファミコン生誕20周年を迎えたということで、久々に遊んでみるのもいいかもしれません。
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  5. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  8. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  9. 【Wii U DL販売ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』、『マリオテニス64』などのVCが初登場ランクイン(7/25)

  10. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

アクセスランキングをもっと見る

page top