人生にゲームをプラスするメディア

マーベラス、3DS向けタイトルの開発費用は7000~1億5000万円を見込む

任天堂 DS

アニマルリゾート
  • アニマルリゾート
  • アニマルリゾート
『牧場物語3DS』『アニマルリゾート』といったタイトルをニンテンドー3DS向けに既に発表しているマーベラスエンターテイメントは、現在開発中の3DSタイトルで7000万円~1億5000万円の開発費用を見込んでいる事を明らかにしています。

第2四半期業績の発表時の質疑応答で「作品の内容によって開発費は大きく変わってまいりますので、一概には申し上げられない部分がございます。タイトルによって強弱をつけ、当社の場合ではミニマムで7,000万円、MAXで1億5,000万円程度を計画しています。」とコメント。

CESAが発表しているプラットフォーム別の開発費用によれば、DSの場合は4000万円台となっていますから、3DSではかなり増加が見込まれるということが言えそうです。無論、タイトルの種類やメーカーによっても異なるでしょうが。

単純に人件費のみで考えれば70人月~150人月程度と考えられます。10人で半年、6~7人で1年くらいでしょうか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  2. Wii U向けVC『川のぬし釣り5』『キングスナイト』7月6日配信

    Wii U向けVC『川のぬし釣り5』『キングスナイト』7月6日配信

  3. 『世界樹の迷宮V』迷宮で出会う謎めく少女たちを紹介! すれちがい通信で友達のキャラが迷宮に登場

    『世界樹の迷宮V』迷宮で出会う謎めく少女たちを紹介! すれちがい通信で友達のキャラが迷宮に登場

  4. 【E3 2016】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をプレイ!美しい世界、心地いい操作感、そして数々の謎とは

  5. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

  6. 『牧場物語 3つの里の大切な友だち』新たな結婚候補は褐色キャラ!仲良くなる過程を紹介

  7. 盲目のゲーマー、約4年半費やし『ゼルダの伝説 時のオカリナ』をクリア…「長い道のりだったけどようやくゴールできました」

  8. 『世界樹の迷宮V』“種族の壁”を超える転職が可能に! キャラメイクの幅が広がる二つ名も続々明らかに

  9. 『スプラトゥーン』新作Tシャツ発表!「チョコガサネ」「イカノメT」「ヤコメッシュ」が商品化

  10. 『ゼルダ無双』にマリン参戦!6月30日配信の「夢をみる島パック」で実装、新マップも登場

アクセスランキングをもっと見る

page top