人生にゲームをプラスするメディア

マーベラス、3DS向けタイトルの開発費用は7000~1億5000万円を見込む

任天堂 DS

アニマルリゾート
  • アニマルリゾート
  • アニマルリゾート
『牧場物語3DS』『アニマルリゾート』といったタイトルをニンテンドー3DS向けに既に発表しているマーベラスエンターテイメントは、現在開発中の3DSタイトルで7000万円~1億5000万円の開発費用を見込んでいる事を明らかにしています。

第2四半期業績の発表時の質疑応答で「作品の内容によって開発費は大きく変わってまいりますので、一概には申し上げられない部分がございます。タイトルによって強弱をつけ、当社の場合ではミニマムで7,000万円、MAXで1億5,000万円程度を計画しています。」とコメント。

CESAが発表しているプラットフォーム別の開発費用によれば、DSの場合は4000万円台となっていますから、3DSではかなり増加が見込まれるということが言えそうです。無論、タイトルの種類やメーカーによっても異なるでしょうが。

単純に人件費のみで考えれば70人月~150人月程度と考えられます。10人で半年、6~7人で1年くらいでしょうか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  2. 濱口エグゼクティブがポケモンをとったどー!「ゲームセンターDX」今回は『ポケモン サン・ムーン』に挑戦

    濱口エグゼクティブがポケモンをとったどー!「ゲームセンターDX」今回は『ポケモン サン・ムーン』に挑戦

  3. 【TGA 16】豊かな世界と戦闘シーンを描く『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』独占映像!

    【TGA 16】豊かな世界と戦闘シーンを描く『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』独占映像!

  4. 【3DS DL販売ランキング】『スーパーマリオメーカー for 3DS』3位、VC『ライブ・ア・ライブ』初登場ランクイン(12/1)

  5. 【対談】『にょきにょき』コンパイル〇仁井谷正充の人生―成功と失敗から再起

  6. 『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD』では左右反転した「辛口モード」を追加! 操作性も改善

  7. 3DS『進撃の巨人 死地からの脱出』武器や立体機動装置を失い、どう生き残るのか…緊迫感溢れるPV公開

  8. 「Wii」発売10周年!名作『FOREVER BLUE』に思いを馳せる

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年記念アンケート結果発表!熱いコメントの数々をご紹介

  10. 『ゼルダ無双』小ネタまとめ、コッコ・ワンワン・ボムチュウなどゼルダならではの要素がたくさん

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top