人生にゲームをプラスするメディア

アルテピアッツァの新作はタワーディフェンスゲーム、DSiウェア『アロー・オブ・ラピュタ』

任天堂 DS

アロー・オブ・ラピュタ
  • アロー・オブ・ラピュタ
  • アロー・オブ・ラピュタ
  • アロー・オブ・ラピュタ
  • アロー・オブ・ラピュタ
  • アロー・オブ・ラピュタ
  • アロー・オブ・ラピュタ
  • アロー・オブ・ラピュタ
アルテピアッツァは、DSiウェア『アロー・オブ・ラピュタ』を11月24日より配信することを発表しました。

『アロー・オブ・ラピュタ』は、天空に浮かぶ浮遊城塞に、剣士や弓兵、魔導師などの兵士(ユニット)を配置して、迫り来る魔王軍から拠点を守り抜く、“タワーディフェンス”タイプのシミュレーションゲームです。プレイヤーは、天界と地上界を代表して魔王軍との戦いを指揮する「戦略指揮官」に選ばれた主人公ルークとなり、天界の姫・ノエル王女をともなって、各地を転戦します。

ステージ数は全16マップ。森に囲まれた古城、砂漠の遺跡、科学都市、さらには軍艦をモチーフにしたステージで、復活した魔王の野望を阻止するため、魔界のモンスターたちを迎え撃ってください。城塞ラピュタには、かつて魔王を葬った古代の魔法兵器「ラピュタ砲」が備え付けられています。魔王軍の基地上空では、このラピュタ砲にエネルギーを充てんし、敵基地へ聖なる光の矢を放つミッションを遂行することになるでしょう。

アルテピアッツァによれば、“タワーディフェンス”ジャンルを体験したことのない人でも楽しめるよう、オーソドックスなシステムを目標として開発したとのこと。プレイヤーは、兵士などのユニットを配置するだけでなく、ポイントをためて、戦闘を有利にする「スキル」を習得したり、自軍のパーツを強化したりすることが可能です。また、従来のタワーディフェンスにはなかった「前哨戦」(敵がプレイヤー側の基地に到着する前の空中戦)を入れるなど、本作ならではのシステムも実装されています。

『アロー・オブ・ラピュタ』は、11月24日より配信開始で価格は500DSiポイントです。

(C)2010 ARTEPIAZZA All rights reserved.
(C)2010 HAYATO MATSUO
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  5. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. ポケモン×イングレスな『Pokemon GO』発表会 リアルタイムレポート(更新終了)

  9. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  10. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

アクセスランキングをもっと見る

page top