人生にゲームをプラスするメディア

EA、100人規模での人員削減?

ゲームビジネス 開発

海外の複数メディアは、エレクトロニック・アーツが100人規模での人員削減を行ったと伝えています。

MCVは同社の北米の広報担当者のコメントとして「当社は小規模な人員削減を行ないました。これは定期的なもので、タイトルが発売される事に適切な人員規模を維持するために行っているものです。年末には多くのタイトルが発売されますので、その後にチームの規模を調整する必要があります。しかしながらEAは成長しており、更に才能ある人材を求めています」と紹介しています。

その数については『Duke Nukem』で知られる3D Realmsの代表であるGeorge Broussard氏がTwitterで100名規模ではないかと示唆しています。「EAカナダは100人以上をレイオフしました。世界的な規模では数百になるかもという噂もあります」

さらに1UPはEAカナダは開発していた『NBA Elite』で失敗し、フランチャイズはEA Tiburonに引き継がれたと伝えています。同社は『マッデンNFLシリーズ』で知られますが、同シリーズを開発するきっかけも、Visual Conceptが開発に失敗したためと伝えられています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホ用VRヘッドセット「STEALTH VR」新型モデル予約開始

    スマホ用VRヘッドセット「STEALTH VR」新型モデル予約開始

  2. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

    【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  3. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

    VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  4. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  5. 『マブラヴ』VRデモ配信開始!兵士の視点でBETAと戦える

  6. バンダイナムコ、アジア地域の組織再編

  7. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  8. ゲームの未来は遅かれ早かれクラウド、未来を作るなら早めの挑戦を・・・シンラ・テクノロジー和田洋一氏

  9. 「EA Play」カンファレンス現地レポ―E3を離脱したEA新戦略、『BF1』熱に圧倒!

  10. 日本の新規IPを海外へ ― KADOKAWAとフロム・ソフトウェアが切り開く未来とは

アクセスランキングをもっと見る

page top