最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
麻薬捜査官が容疑者の家でWiiを遊ぶ ― 前代未聞の珍事件

麻薬捜査官が容疑者の家でWiiを遊ぶ ― 前代未聞の珍事件

2010年10月17日(日) 12時01分
  • 麻薬捜査官が容疑者の家でWiiを遊ぶ ― 前代未聞の珍事件の画像
    麻薬捜査官が容疑者の家でWiiを遊ぶ ― 前代未聞の珍事件

麻薬捜査官もWiiの魅力にはかなわなかったということなのでしょうか。



麻薬を濫用する男の家に捜査官らが乗り込んで家宅捜索をする・・・ここまでは法に則った立派な行為です。しかし、任務中の捜査官が容疑者宅のリビングにあるWiiで遊んでしまったらどうでしょう。

米国オレゴン州ポーク群に住むMichael Difalcoは、マリファナをはじめとした5種類の違法薬物を販売目的で所持していたことで懲役3年、執行猶予2年の実刑判決を受けました。

Difalcoは裕福な暮らしをしていたようで、SUV(多目的スポーツ車)やバイク、プラズマTV、宝石類に加えて1600ドル(約80万円)の現金が押収されています。

Difalco宅の居間にはWiiが置いてあり、捜査官はゲームで遊び始めてしまいました。こっそりと遊んでいたはずが、居間には監視カメラが仕掛けられており、その様子は録画されてしまいました。録画は動画サイトに出回り、捜査官は全世界に恥をさらすことになってしまったというわけです。

同州の保安官であるGrady Judd氏は「これは家宅捜索令状の適切な執行ではなく、“ゲームをやめろ”と言わなかった指揮官の働きには満足できません。なすべきことをなしていないのですから」と遺憾の意を表明しています。

家宅捜索には関係諸機関から11名の捜査官が参加していましたが、数時間の再教育が課せられるとのこと。せっかく世の中の役に立つ立派な仕事をしているのですから、任務中は気を引き締めて欲しいですね。

(Article written by 水口真)

その他アクセスランキング