人生にゲームをプラスするメディア

『スーパーマリオブラザーズ』サウンド開発秘話 ― 近藤氏「制約の中で新しい何かを生み出すのは楽しい」

任天堂 その他

スーパーマリオブラザーズ パッケージ
  • スーパーマリオブラザーズ パッケージ
『スーパーマリオブラザーズ』のサウンドはどんな風に作られたのでしょうか?

任天堂の近藤浩治氏といえば『スーパーマリオブラザーズ』などマリオサウンドの生みの親。近藤氏は海外メディアEDGEに対し、初代『スーパーマリオブラザーズ』の開発にまつわるエピソードを語っています。

近藤氏は1984年に大学を卒業した後に任天堂へ入社。『VSゴルフ』や『パンチアウト』といった作品の後、『スーパーマリオブラザーズ』に関わることとなります。

近藤氏は初めて『スーパーマリオブラザーズ』を見たときの衝撃を「マリオはその頃、他のどのプレイヤーキャラクターよりも大きく見えましたし、背景はさんさんと日光が降り注ぐ草原のようでした。私はゲームがこれまでのものよりも楽しくなりそうだという印象を受けました」と述懐しています。

ファミコンの音源は生演奏と比べると制約のあるものでしたが、氏はこれを逆にチャンスであると捉えていたそうです。

「演奏パートの数や音のトーン、レジスタの数などの制約がありましたが、その中で何が表現できるか探し出すのは楽しかったです。制約の中でどれだけのことを成し遂げるか挑戦し、あるいは別の方法を探す。制約を利用して新しい何かを生み出す方法を知ることができたんです」

『スーパーマリオブラザーズ』の制作時には、もちろん宮本茂氏との交流もあったそうです。

「宮本はブルーグラス(アイルランドの伝承音楽をベースとした音楽ジャンル)が好きで、バンジョーとギターをとてもうまく演奏するんです。開発中は私が好きなブルーグラスのレコードをとても沢山貸しました。“ブルーグラスのような曲を作って欲しい”という要請ではなかったと信じていますが、『スーパーマリオブラザーズ』の曲のいくつかは影響を受けていますね」

「私の考えはたった一つのフレーズです。“常によりゲームを楽しくする曲を作る”というね」

ファミコンの制約を楽しんでしまうというのはさすが任天堂のクリエイター。曲単体でのできばえばかりではなく、ゲームとして遊んだときも意識しているバランスの良さがマリオサウンドの人気の秘密なのかも知れませんね。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン ダイヤモンド・パール』は今日で10周年!ゲームフリークの大森滋が記念イラストを公開

    『ポケモン ダイヤモンド・パール』は今日で10周年!ゲームフリークの大森滋が記念イラストを公開

  2. 『ペーパーマリオ カラースプラッシュ』TVCM公開―撮影の裏側が見えるNGシーンも…

    『ペーパーマリオ カラースプラッシュ』TVCM公開―撮影の裏側が見えるNGシーンも…

  3. 【レポート】『モンハン ストーリーズ』メディア対抗戦は超白熱!果たしてインサイドの順位は…?

    【レポート】『モンハン ストーリーズ』メディア対抗戦は超白熱!果たしてインサイドの順位は…?

  4. 「ビットキャッシュ」ニンテンドープリペイド番号の取扱いを開始、6種類の価格で購入可能

  5. 『スプラトゥーン』立体パズルが11月末発売決定―全部組み立てなイカ?

  6. 今回の「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」は2本立て! クリゴハン爆誕『DBフュージョンズ』や発売近づく『MHストーリーズ』に迫る…『ペーパーマリオ』SPも

  7. トワプリ版ゼルダ&リンクのfigma予約開始―5種類の装備が付属したDXリンクも

  8. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

  9. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  10. 『ポケモン サン・ムーン』この美しい「ウルトラビースト」には見覚えが…!?新たな2体のウルトラビーストが公開

アクセスランキングをもっと見る

page top