最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
『スーパーマリオブラザーズ』サウンド開発秘話 ― 近藤氏「制約の中で新しい何かを生み出すのは楽しい」

『スーパーマリオブラザーズ』サウンド開発秘話 ― 近藤氏「制約の中で新しい何かを生み出すのは楽しい」

2010年10月16日(土) 23時02分
  • スーパーマリオブラザーズ パッケージの画像
    スーパーマリオブラザーズ パッケージ

『スーパーマリオブラザーズ』のサウンドはどんな風に作られたのでしょうか?

任天堂の近藤浩治氏といえば『スーパーマリオブラザーズ』などマリオサウンドの生みの親。近藤氏は海外メディアEDGEに対し、初代『スーパーマリオブラザーズ』の開発にまつわるエピソードを語っています。

近藤氏は1984年に大学を卒業した後に任天堂へ入社。『VSゴルフ』や『パンチアウト』といった作品の後、『スーパーマリオブラザーズ』に関わることとなります。

近藤氏は初めて『スーパーマリオブラザーズ』を見たときの衝撃を「マリオはその頃、他のどのプレイヤーキャラクターよりも大きく見えましたし、背景はさんさんと日光が降り注ぐ草原のようでした。私はゲームがこれまでのものよりも楽しくなりそうだという印象を受けました」と述懐しています。

ファミコンの音源は生演奏と比べると制約のあるものでしたが、氏はこれを逆にチャンスであると捉えていたそうです。

「演奏パートの数や音のトーン、レジスタの数などの制約がありましたが、その中で何が表現できるか探し出すのは楽しかったです。制約の中でどれだけのことを成し遂げるか挑戦し、あるいは別の方法を探す。制約を利用して新しい何かを生み出す方法を知ることができたんです」

『スーパーマリオブラザーズ』の制作時には、もちろん宮本茂氏との交流もあったそうです。

「宮本はブルーグラス(アイルランドの伝承音楽をベースとした音楽ジャンル)が好きで、バンジョーとギターをとてもうまく演奏するんです。開発中は私が好きなブルーグラスのレコードをとても沢山貸しました。“ブルーグラスのような曲を作って欲しい”という要請ではなかったと信じていますが、『スーパーマリオブラザーズ』の曲のいくつかは影響を受けていますね」

「私の考えはたった一つのフレーズです。“常によりゲームを楽しくする曲を作る”というね」

ファミコンの制約を楽しんでしまうというのはさすが任天堂のクリエイター。曲単体でのできばえばかりではなく、ゲームとして遊んだときも意識しているバランスの良さがマリオサウンドの人気の秘密なのかも知れませんね。

(Article written by 水口真)

任天堂アクセスランキング


パッケージ画像
機種 FC
ジャンル ACT
発売元 任天堂
開発元 任天堂
発売日 1985年09月13日
プレイ人数 1〜2人プレイ対応