人生にゲームをプラスするメディア

「『Wii Sports』と対決したかった」Kinectゲームのクリエイターが語る開発秘話

ゲームビジネス 開発

SKE48松井珠理奈×松井玲奈出演の「Kinect」新CM画像解禁 ― 10月15日より第二弾が放送開始
  • SKE48松井珠理奈×松井玲奈出演の「Kinect」新CM画像解禁 ― 10月15日より第二弾が放送開始
  • SKE48松井珠理奈×松井玲奈出演の「Kinect」新CM画像解禁 ― 10月15日より第二弾が放送開始
  • SKE48松井珠理奈×松井玲奈出演の「Kinect」新CM画像解禁 ― 10月15日より第二弾が放送開始
『Wii Sports』対Kinectの対決に闘志を燃やす人々がいます。

レア社のKinect担当デベロップメントディレクターであるNick Burton氏とクリエイティブディレクターであるGeorge Andreas氏は、Kinectゲームの開発秘話を明かしています。

二人の元にKinectがもたらされたのは2008年8月。
「ピンポン球のついたスーツを着ることなく、お茶の間で動作するモーションキャプチャーシステム」という触れ込みでしたが、最初は半信半疑だったといいます。

しかし、実際に動作しているところを見るやいなやKinectの虜となり、「開発キットがもらえるまでオフィスに座り込んで動かなかった」そうです。

二人はKinectでどんなゲームを作るか相談を開始。
「お茶の間のカーペットをサメでいっぱいの海に見立て、いかだに乗って進んでいく」ゲームや「サタデー・ナイト・フィーバーばりのダンスゲームで、振り付けを間違えるとミラーボールが降ってくる」など様々なアイデアを出したそうです。

紆余曲折の末、セミプロ級のフットボール選手だったAndreas氏のアイデアにより、シンプルなフットボールゲームを作ることになりました。Kinectの技術デモ的な側面を帯びたフットボールゲームは2008年のクリスマスシーズンに完成。

Andreas氏は当時の気持ちを「僕らは『Wii Sports』と対決したかった。Kinectがあれば、Wiiよりももっといろんなことができると分かっていたんだ」と語っています。

Kinectの立ち上げはファミリー層に訴求することが決まり、二人はよりファミリー受けするスポーツとしてボーリングを選びます。ライバルである『Wii Sports』にもボーリングゲームはあったものの、「ボールを投げるために画面に向けて走る」という『Wii Sports』にはなかったリアリティを加えることで差別化に成功。ボーリングゲームのプロトタイプを3日で完成させたそうです。

その後、開発がPCからXbox360の実機に移行することで、遅延の増加などのトラブルが起こったものの、三ヶ月の時間を費やして見事に乗り越えることに成功しました。

Burton氏は、『Milo』のようなバーチャルキャラクターとの対話を行うにはあと5年は必要だろうとしながらも、会話のデータベースにインターネットとクラウド・コンピューティングを使えばチューリングテスト(人間と人工知能を判別するテスト)にパスすることはより簡単になると夢を語ります。

「発売日はKinectがストップする日じゃない。それはまさに始まりの日なんだ」

Kinectゲームの開発にまつわる技術者魂、いかがだったでしょうか。しばらく前までは身体を動かすゲームが夢物語だったことを考えると、5年後には本当にKinectを介してバーチャルキャラクターと話をする時代が来るのかも知れませんね。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

    【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. 未来のクリエイターを創造するイベント「G@Ken」1月24日開催―登壇者には稲船敬二氏も

    未来のクリエイターを創造するイベント「G@Ken」1月24日開催―登壇者には稲船敬二氏も

  4. SIE・吉田修平のTwitterが一時乗っ取られる…『ポケモンGO』を攻撃したグループの犯行

  5. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  6. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  7. ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

  8. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  9. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

  10. フロム・ソフトウェア1DAYインターンシップに潜入!最前線のデザイナーが学生にアドバイス

アクセスランキングをもっと見る

page top