人生にゲームをプラスするメディア

「『Wii Sports』と対決したかった」Kinectゲームのクリエイターが語る開発秘話

ゲームビジネス 開発

SKE48松井珠理奈×松井玲奈出演の「Kinect」新CM画像解禁 ― 10月15日より第二弾が放送開始
  • SKE48松井珠理奈×松井玲奈出演の「Kinect」新CM画像解禁 ― 10月15日より第二弾が放送開始
  • SKE48松井珠理奈×松井玲奈出演の「Kinect」新CM画像解禁 ― 10月15日より第二弾が放送開始
  • SKE48松井珠理奈×松井玲奈出演の「Kinect」新CM画像解禁 ― 10月15日より第二弾が放送開始
『Wii Sports』対Kinectの対決に闘志を燃やす人々がいます。

レア社のKinect担当デベロップメントディレクターであるNick Burton氏とクリエイティブディレクターであるGeorge Andreas氏は、Kinectゲームの開発秘話を明かしています。

二人の元にKinectがもたらされたのは2008年8月。
「ピンポン球のついたスーツを着ることなく、お茶の間で動作するモーションキャプチャーシステム」という触れ込みでしたが、最初は半信半疑だったといいます。

しかし、実際に動作しているところを見るやいなやKinectの虜となり、「開発キットがもらえるまでオフィスに座り込んで動かなかった」そうです。

二人はKinectでどんなゲームを作るか相談を開始。
「お茶の間のカーペットをサメでいっぱいの海に見立て、いかだに乗って進んでいく」ゲームや「サタデー・ナイト・フィーバーばりのダンスゲームで、振り付けを間違えるとミラーボールが降ってくる」など様々なアイデアを出したそうです。

紆余曲折の末、セミプロ級のフットボール選手だったAndreas氏のアイデアにより、シンプルなフットボールゲームを作ることになりました。Kinectの技術デモ的な側面を帯びたフットボールゲームは2008年のクリスマスシーズンに完成。

Andreas氏は当時の気持ちを「僕らは『Wii Sports』と対決したかった。Kinectがあれば、Wiiよりももっといろんなことができると分かっていたんだ」と語っています。

Kinectの立ち上げはファミリー層に訴求することが決まり、二人はよりファミリー受けするスポーツとしてボーリングを選びます。ライバルである『Wii Sports』にもボーリングゲームはあったものの、「ボールを投げるために画面に向けて走る」という『Wii Sports』にはなかったリアリティを加えることで差別化に成功。ボーリングゲームのプロトタイプを3日で完成させたそうです。

その後、開発がPCからXbox360の実機に移行することで、遅延の増加などのトラブルが起こったものの、三ヶ月の時間を費やして見事に乗り越えることに成功しました。

Burton氏は、『Milo』のようなバーチャルキャラクターとの対話を行うにはあと5年は必要だろうとしながらも、会話のデータベースにインターネットとクラウド・コンピューティングを使えばチューリングテスト(人間と人工知能を判別するテスト)にパスすることはより簡単になると夢を語ります。

「発売日はKinectがストップする日じゃない。それはまさに始まりの日なんだ」

Kinectゲームの開発にまつわる技術者魂、いかがだったでしょうか。しばらく前までは身体を動かすゲームが夢物語だったことを考えると、5年後には本当にKinectを介してバーチャルキャラクターと話をする時代が来るのかも知れませんね。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

    『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

    『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  4. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  5. ゲオとエイシス、PCゲームレンタル事業を2017年春より開始

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. 【レポート】VRのケーブル問題を解決する「バックパックPC」のスペックや使用感は?実際に体験してみた

  8. 【CEDEC 2012】IGDA日本がCEDECでスカラーシッププログラムを実施

  9. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  10. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

アクセスランキングをもっと見る