人生にゲームをプラスするメディア

本日発売『レッド・デッド・リデンプション』、ゲーム内容をおさらい

ソニー PS3

レッド・デッド・リデンプション
  • レッド・デッド・リデンプション
  • レッド・デッド・リデンプション
  • レッド・デッド・リデンプション
  • レッド・デッド・リデンプション
  • レッド・デッド・リデンプション
  • レッド・デッド・リデンプション
  • レッド・デッド・リデンプション
  • レッド・デッド・リデンプション
Take-Two Interactive Japanは、PS3/Xbox360ソフト『レッド・デッド・リデンプション』を本日10月7日に発売しました。



『レッド・デッド・リデンプション』は、『グランド・セフト・オート』シリーズなどを手掛けたRockstar Gamesの最新作。1911年のアメリカ西部、開拓時代の名残のある地方“ニュー・オースティン”、メキシコ北部にある激動の地方“ヌエボ・パライソ”、そして文明化の進む地方“ウェスト・エリズベス”の3つの地方を舞台としたオープンワールドタイプのアクションゲームとなっています。

しかし、このゲームの真骨頂は、壮大で美麗なオープンワールドの構築そのものではなく、この緻密に再現された世界でプレイヤーが体験できるゲーム性と楽しさにあります。



プレイヤーは、元義賊の無法者「ジョン・マーストン」となり、連邦当局により捕えられた家族を救うために再び銃を取り、その昔友と呼んだ仲間達に立ち向かっていきます。血染めの過去と決別するため、過酷な闘いの中、一人また一人と仲間を葬っていくジョン・マーストン。アメリカ西部地方とメキシコに渡る広大な地を舞台にした、壮大な闘いの物語が展開します。



『レッド・デッド・リデンプション』は熾烈な銃撃戦やアクションを軸に、探検、ステルス、ギャンブル、決闘、ハンティングなど西部開拓時代のあらゆる要素が詰め込まれていて、それらをシームレスにプレイ可能。さらにマルチプレイは、最大16人で楽しむことができます。



また、発売記念としたトレーラーも公開されました。ぜひご覧ください。

『レッド・デッド・リデンプション』(CERO区分「Z」)は、好評発売中で価格は7,340円(税込)です。

(C) 2005-2010 Rockstar Games, Inc.
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”がお披露目に─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

    『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”がお披露目に─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  2. PS4『イース・オリジン』2月21日より世界各国でリリース…PS Vita版は5月に登場

    PS4『イース・オリジン』2月21日より世界各国でリリース…PS Vita版は5月に登場

  3. 『ニーア オートマタ』新TVCMが公開中…「命もないのに殺し合う」

    『ニーア オートマタ』新TVCMが公開中…「命もないのに殺し合う」

  4. 『ファイナルファンタジーVII リメイク』『キングダム ハーツIII』のスクリーンショットが海外イベントで披露!

  5. 『無双☆スターズ』に『仁王』の主人公・ウィリアムが参戦! 鬼気迫る剣戟アクションを映像でお披露目

  6. 【インタビュー】『バレットガールズ2』どう見てもアヘってる“拘りの表情”に迫る…ボツネタも独占公開

  7. 『ニーア オートマタ』新トレイラー公開!コンサート「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」の開催も決定

  8. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  9. PS4版『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』ゲームプレイ映像到着!―グラフィックがPS Vita版より美麗に

  10. PS4『ガンダム バーサス』クローズドβテストを3月に開催、テスター募集の受付開始

アクセスランキングをもっと見る