人生にゲームをプラスするメディア

同人ゲームの24時間ぶっ続けイベント「doujin24」~USTREAMでも配信中

ゲームビジネス 開発

同人ゲームの24時間ぶっ続けイベント「doujin24」~USTREAMでも配信中
  • 同人ゲームの24時間ぶっ続けイベント「doujin24」~USTREAMでも配信中
  • 同人ゲームの24時間ぶっ続けイベント「doujin24」~USTREAMでも配信中
  • 同人ゲームの24時間ぶっ続けイベント「doujin24」~USTREAMでも配信中
  • 同人ゲームの24時間ぶっ続けイベント「doujin24」~USTREAMでも配信中
  • 同人ゲームの24時間ぶっ続けイベント「doujin24」~USTREAMでも配信中
TGS 2010で沸くなか、同人ゲーム界でも大きなイベントが行われていました。

その名も「doujin24」。同人音楽のライブ、24時間でゲームを作る試み、各サークルによる開発セミナーなどを24時間ぶっ続けで行うというもので、全イベントがUSTREAMで配信されます。

会場となるのは、蘇我駅近くにある「Jump Flash」。東京側から見た場合、TGS会場・幕張メッセがある海浜幕張駅から、さらに4駅先。ジェフ市原のサッカー場があり、サッカーファンにはなじみ深いところです。

イベント開催のきっかけは、主催のTeam Eye Mask club氏がtwitterで「『同人』にフォーカスしたものを24時間やるなら?」と問いかけたこと。多数の反応があり、「どうせやるなら24時間イベントだ」と自発的に会場を押さえる人が現れ、「やらざるを得ない状況になった」といいます。
最終的には、30~40サークルが本イベントへの参加を表明。IGDAJapan(国際ゲーム開発者協会日本)のバックアップを受けることも決まります。

ゲームショウ期間中に開催することについて、商業主義への対抗意識かと同じく主催者の小松菜屋HAta氏に聞いたところ、特に深い意味はなく「コミケが終わってひと息つけるのがこの時期だった」とのこと。「せっかくなので、ゲームショウを見たあと『doujin24』にも来てほしい」と話していました。

18日は19時から音楽ライブがスタート。24時からは「同人ゲーム業界が発展するには?」をテーマに、朝まで討論会が行われています。

19日午後には各サークルによるセミナー。「iPhoneやiPadでのノベルゲーム開発の実践」や「実例から学ぶエロゲー制作」、「105円で始める立体映像開発」など興味深い講演が続きます。同人ゲームでありながら多言語対応ソフトを出していたり、おそらく日本で初めてアメリカのコミックイベントに招待されたりと、いずれのサークルも実力派ぞろいです。

また、同人ゲームの即売会や秋葉原から会場の蘇我まで約50kmを走るマラソンなど、あらゆる企画が並行して試されます。

「『何かやりたいんだけど』というサークルが集まってひとつになったイベントです。常々『同人』だからこそ情報共有をすべきだと考えていましたが、これはそのいい機会です」とclub氏。同人ゲーム業界が秘めるパワーを実感したい人は、会場に足を運んではいかがでしょうか。
《D》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

    VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  2. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  3. プレステ世代のクリエイターと共にソニーIPをモバイルへ―ForwardWorks 川口智基氏に訊く

    プレステ世代のクリエイターと共にソニーIPをモバイルへ―ForwardWorks 川口智基氏に訊く

  4. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  5. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  6. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

  7. グリーとDeNAが独占禁止法違反と名誉毀損について和解したことを発表、今後は業界のために協力

  8. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  9. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  10. 【SIGGRAPH ASIA 2009】ゲームを作ってみよう!テニスゲームで考えるゲーム作りの歴史

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top