人生にゲームをプラスするメディア

『塊魂』の高橋氏がゲーム業界を去る ― 「悲しい」「好きなことをして欲しい」と海外の声

ゲームビジネス 人材

みんなでまきこむ塊魂
  • みんなでまきこむ塊魂
『塊魂』『のびのびBOY』の生みの親、高橋慶太氏がバンダイナムコゲームスを去りました。

複数の海外メディアが報じるところによりますと、『塊魂』『のびのびBOY』といったユニークな作品で知られる高橋慶太氏がバンダイナムコゲームスを退社したそうです。

Play.tm、EDGE、Gamasutraといった海外メディアはこのニュースを取り上げ、高橋氏の業績を高く評価しています。

「ロングランの『塊魂』、PlayStation NetworkとiPhoneの『のびのびBOY』で知られたゲームデザインの先覚者、ケイタ・タカハシがバンダイナムコゲームスを去ったことがスポークスマンによって確認された」(Play.tm)

「『塊魂』『のびのびBOY』といった作品でカルトなセンセーションを巻き起こしたケイタ・タカハシがバンダイナムコゲームスを去った」(EDGE)

「カルトに人気のデザイナーであるケイタ・タカハシがバンダイナムコゲームスを退社した。『塊魂』『のびのびBOY』のクリエイターが会社を辞めることは長らく噂になっており、ゲーム業界への率直な失望を明らかにしていた」(Gamasutra)

退職を悲しむ一方で、再出発を期待する声も多く見られます。

「クリエイティブな人が去るのは悲しいね。タカハシには何でも好きなことをして欲しい」
「最近のゲームで『塊魂』くらいに魅力的なものを知らない。ミヤモト(任天堂の宮本茂氏)やソニックチームのように、こうした輝きがゲームに当たり前だったことがあった。」
「タカハシはとても優秀で、従来のゲームには興味がなかった。ARG(代替現実ゲーム)や公園、ライドなどの建設は彼の興味を引くだろうから、これはインタラクティブメディアの偉大な瞬間だ」

氏は英国ノッティンガムの公園デザインに携わっており、今後はゲームの枠にとらわれない活躍が期待されます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  6. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  7. 物理ベースでの絵作りを通して見えてきたもの/アグニのデザイナーが語るリアルタイムワークフロー・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

  8. スクエニ、執行役員制度を復活 ― 『ドラクエX』齋藤氏や『FFXIV』吉田氏も役員に名を連ねる

  9. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  10. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

アクセスランキングをもっと見る