人生にゲームをプラスするメディア

『塊魂』の高橋氏がゲーム業界を去る ― 「悲しい」「好きなことをして欲しい」と海外の声

ゲームビジネス 人材

みんなでまきこむ塊魂
  • みんなでまきこむ塊魂
『塊魂』『のびのびBOY』の生みの親、高橋慶太氏がバンダイナムコゲームスを去りました。

複数の海外メディアが報じるところによりますと、『塊魂』『のびのびBOY』といったユニークな作品で知られる高橋慶太氏がバンダイナムコゲームスを退社したそうです。

Play.tm、EDGE、Gamasutraといった海外メディアはこのニュースを取り上げ、高橋氏の業績を高く評価しています。

「ロングランの『塊魂』、PlayStation NetworkとiPhoneの『のびのびBOY』で知られたゲームデザインの先覚者、ケイタ・タカハシがバンダイナムコゲームスを去ったことがスポークスマンによって確認された」(Play.tm)

「『塊魂』『のびのびBOY』といった作品でカルトなセンセーションを巻き起こしたケイタ・タカハシがバンダイナムコゲームスを去った」(EDGE)

「カルトに人気のデザイナーであるケイタ・タカハシがバンダイナムコゲームスを退社した。『塊魂』『のびのびBOY』のクリエイターが会社を辞めることは長らく噂になっており、ゲーム業界への率直な失望を明らかにしていた」(Gamasutra)

退職を悲しむ一方で、再出発を期待する声も多く見られます。

「クリエイティブな人が去るのは悲しいね。タカハシには何でも好きなことをして欲しい」
「最近のゲームで『塊魂』くらいに魅力的なものを知らない。ミヤモト(任天堂の宮本茂氏)やソニックチームのように、こうした輝きがゲームに当たり前だったことがあった。」
「タカハシはとても優秀で、従来のゲームには興味がなかった。ARG(代替現実ゲーム)や公園、ライドなどの建設は彼の興味を引くだろうから、これはインタラクティブメディアの偉大な瞬間だ」

氏は英国ノッティンガムの公園デザインに携わっており、今後はゲームの枠にとらわれない活躍が期待されます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】『ガンダムVR ダイバ強襲』は絶叫アトラクションに近い!?君は生き延びる事が出来るか

    【レポート】『ガンダムVR ダイバ強襲』は絶叫アトラクションに近い!?君は生き延びる事が出来るか

  2. コーエーテクモゲームス「TGS2016」出展決定、出展タイトルを公開―開催期間中ステージ中継やオリジナル番組も配信

    コーエーテクモゲームス「TGS2016」出展決定、出展タイトルを公開―開催期間中ステージ中継やオリジナル番組も配信

  3. Audiokineticが日本法人設立 ― カナダ大使館でローンチイベントを開催

    Audiokineticが日本法人設立 ― カナダ大使館でローンチイベントを開催

  4. 【アンケート結果発表】平日のゲームプレイ時間は?

  5. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  6. ソーシャルゲームと家庭用ゲームのユーザー比較・・・SIG-Indie第10回勉強会

  7. 【GDC China 2011】日本でも成功するHappy Elementsが語る「長く愛されるソーシャルゲーム」の作り方と国際展開

  8. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  9. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  10. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top