人生にゲームをプラスするメディア

Wii「最近のみんなのおすすめ」、『DQMBV』や『戦国BASARA3』などがゴールドランク評価

任天堂 Wii

お盆休みも終わり、社会人の方は今日から仕事と言う方は多いのではないでしょうか。学生の皆さんはあと半月夏休みがありますね。この夏、Wiiで遊びましたか?

Wiiの『みんなのニンテンドーチャンネル』では、全国のWiiユーザーのプレイデータや評価集計して閲覧することが出来る「みんなのおすすめ」と言う項目があります。一定の点数を超えると「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」の4種類にランク付けされ、毎週水曜日に更新されます。

この夏に発売された『Wii Party』『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー』『戦国BASARA3』などの集計データがどのようになっているか見てみましょう。
(『スーパーマリオギャラクシー2』と『ゼノブレイド』もあわせてチェックしてみました)

■スーパーマリオギャラクシー2
総プレイ時間212万9497時間、起動回数104万8323回、1人あたりのプレイ時間28時間45分、平均起動回数14.15回。

■ゼノブレイド
総プレイ時間96万5681時間、起動回数28万1408回、1人あたりのプレイ時間53時間13分、平均起動回数15.5回。

■Wii Party
総プレイ時間46万243時間、起動回数21万8851回、1人あたりのプレイ時間13時間29分、平均起動回数6.41回。

■ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー
総プレイ時間62万6868時間、起動回数22万1159回、1人あたりのプレイ時間27時間1分、平均起動回数9.11回。

■戦国BASARA3
総プレイ時間6万613時間、起動回数1万6368回、1人あたりプレイ時間18時間30分、平均起動回数4.99回。

※データは2010年8月16日19時時点のものです。

こうしてみてみると、意外と起動回数が少ない『Wii Party』。ハーフミリオンを超える好調なセールスですが、プレイする機会はあまり多くない様子。これは人が集まった時に遊ぶパーティゲームの傾向が多いのが大きな理由でしょう。

逆に『戦国BASARA3』は起動回数が約5回で1人あたりのプレイ時間は18時間30分。1回のプレイで約3時間強プレイしていることになります。他には『ゼノブレイド』や『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー』も1プレイ時間の平均は約3時間。1人で遊ぶゲームは1回のプレイで2~3時間遊ぶ傾向のようです。

RPGである『ゼノブレイド』は50時間以上遊んでいる人が多いですね。起動回数も15回を超えており、長く遊んでいる人が多いですね。合わせてプラチナ評価も得ています『ゼノブレイド』以外のタイトルについては、全てゴールドランク入りしています。
(プラチナ評価を得たタイトルは『斬撃のREGINLEIV』や『428 ~封鎖された渋谷で~』などがあります)

発売されるタイトル数が減ってきた最近のWiiですが、評判の良いタイトルが揃っています。まだ遊んだことの無いソフトを手にとってみるのもいいかもしれません。
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  3. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

    最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  4. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 【レポート】レベルファイブ新作発表会「LEVEL5 VISION 2016」発表内容まとめ

  7. キデイランドにて「カービィのプププなサマーキャンペーン」8月27日開催、キュートすぎる新グッズが登場

  8. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  9. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  10. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

アクセスランキングをもっと見る

page top