人生にゲームをプラスするメディア

オープンワールド西部劇『レッド・デッド・リデンプション』では「馬」が重要

ソニー PS3

レッド・デッド・リデンプション
  • レッド・デッド・リデンプション
  • レッド・デッド・リデンプション
  • レッド・デッド・リデンプション
  • レッド・デッド・リデンプション
  • レッド・デッド・リデンプション
  • レッド・デッド・リデンプション
  • レッド・デッド・リデンプション
  • レッド・デッド・リデンプション
Take-Two Interactive Japan、PS3/Xbox360ソフト『レッド・デッド・リデンプション』の最新情報を公開しました。

『レッド・デッド・リデンプション』は、『グランド・セフト・オート』シリーズなどを手掛けたRockstar Gamesの最新作。1911年のアメリカ西部、開拓時代の名残のある地方“ニュー・オースティン”、メキシコ北部にある激動の地方“ヌエボ・パライソ”、そして文明化の進む地方“ウェスト・エリズベス”の3つの地方を舞台としたオープンワールドタイプのアクションゲームとなっています。



今回は、序盤に訪れる“ニュー・オースティン”の開拓地での様子を中心に紹介しましょう。主人公である無法者「ジョン・マーストン」はその昔、悪党として悪名を轟かせていましたが、家族のために改心した人物。しかし連邦政府機関のエージェントにより、その生活を壊されたために銃をとります。



マーストンは自由に行動可能。ハンティングや投げ縄など、西部開拓時代を彷彿とさせるアクションを楽しめます。この世界にはランダムキャラクターが点在しており、出会うことで固有のミッションが発生します。土地から土地を渡り歩くにつれ、新しい人物に出会ったり、新しい出来事が発生。駅馬車、肉食獣、私刑、強盗、襲撃などを目にすることもあるでしょう。



開拓地を探索するのに、もっとも有効な移動手段は馬。馬に乗れば、広大な土地をスピーディに移動できます。馬にはAIが搭載されており、非常に自然な乗馬が可能です。背中にまたがって発砲しても、障害物にぶつかるようなことはありません。ただし品種やコンディションによって、その特性が変わるとのこと。早く走れる馬もいれば、スタミナに優れた馬も存在します。



馬は町で調達できるほか、野生馬を調教したり、他人から奪ったりも可能です。さらにいくつかの入植地(マクファーレン牧場など)ではじゃじゃ馬ならしのミニゲームにも挑戦可能です。

『レッド・デッド・リデンプション』(CERO区分「Z」)は、10月7日発売予定で価格は7,340円(税込)です。

(C) 2005-2010 Rockstar Games, Inc.
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

    『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

  2. PS4『仁王』最終体験版のプレイムービーが公開―ウィリアムが雑魚に苦戦…!?

    PS4『仁王』最終体験版のプレイムービーが公開―ウィリアムが雑魚に苦戦…!?

  3. 『FFXV』ゲーム内イベント「モグチョコカーニバル」の開催日時決定!映像も公開

    『FFXV』ゲーム内イベント「モグチョコカーニバル」の開催日時決定!映像も公開

  4. 『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』最大16人のマルチプレイが可能!特典情報も公開

  5. 『GOD WARS』PS4向けの新たな体験版を2月9日に配信! 独特な世界観を鮮やかに表現する最新映像もお披露目

  6. YouTubeの360度動画がPSVRで視聴可能に! PS4向け『YouTube』アプリがアップデート

  7. 「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

  8. 『仁王』48時間限定で「最終体験版」を配信! 製品版に先駆け“戦国死にゲー”を味わおう

  9. 【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

  10. 『GRAVITY DAZE 2』重力姫キトゥン、ソフマップに降臨!?量販店モチーフの無料DLC配信中

アクセスランキングをもっと見る