人生にゲームをプラスするメディア

「アニメ絵は米国の店頭で喜ばれない」業界人が語る

その他 全般

XSEED GamesはAQインタラクティブの米国子会社で、『ワイルドアームズ』など日本ゲームを海外で販売していますが、アニメ絵が原因で苦戦しているようです。

同社はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)Facebookにおいて、かわいらしい絵柄のゲームが小売りから歓迎されない、と語っています。

発端はとあるファンが『ツヴァイ!!』の移植を希望したこと。『ツヴァイ!!』は日本ファルコムのアクションRPGで、かわいらしいキャラクターが特徴となっています。

希望が出たことで即座に動ければいいのですが、XSEED Gamesは以下のように返答しています。「『ツヴァイ!!』はよくできたチャーミングなゲームだが、小売業者がかわいらしい絵柄にあまり興味を示さないことが我々の仕事を難しくしている」

やはり米国ではリアルな絵柄が歓迎されるということなのでしょうか。パブリッシャーの仕事は有望なゲームを探し出して(この場合は)翻訳することですから、現地の小売業者の意向は重要なものになります。日本の洋ゲーファンも海外の日本ゲーファンも抱える悩みは同じということのようですね。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 劇場版「ソードアート・オンライン」×「神田祭」コラボアイテムがAJ2017で先行販売決定

    劇場版「ソードアート・オンライン」×「神田祭」コラボアイテムがAJ2017で先行販売決定

  2. 『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

    『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

  3. 登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

    登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

  4. 「citrus」TVアニメ化決定 ギャルと生徒会長による百合マンガ

  5. 映画『GODZILLA』2017年11月公開 サブタイトルは「怪獣惑星」

  6. ファン制作『マインクラフト』未来版の映像がスゴすぎる…―現実とゲームが融合!

  7. 「ゲーマーズ!」2017年7月アニメTV放送 こじらせゲーマのすれ違いラブコメ 

  8. 噂: 『Call of Duty WWII』のイメージが多数出現―第二次世界大戦が舞台か

  9. 「魔法陣グルグル」2017年夏放送スタート PV第1弾&追加キャスト発表

  10. KLabが手がける新作タイトル『Project FORCE(仮)』発表、スタッフには生田美和・横山克・塚本陽子など

アクセスランキングをもっと見る