人生にゲームをプラスするメディア

最新技術でファミコンゲームを作るとは?『METROID : Other M』社長が訊く

任天堂 Wii

METROID : Other M
  • METROID : Other M
任天堂ホームページにて、9月2日に発売予定のWiiソフト『METROID : Other M』の社長が訊くが公開されました。

インタビューには、『メトロイド』シリーズの生みの親である坂本賀勇氏、テクモのTeam NINJAでリーダーの早矢仕洋介氏、そしてD-Rocketsの北裏龍次氏、今回の『METROID : Other M』で中心となった3人が登場。

2004年3月11日に発売されたXboxソフト『NINJA GAIDEN』をプレイし「自分の中の3Dゲームの印象が変わった」と坂本氏。操作がシンプルでゲームをプレイしていて快適だということから、『METROID : Other M』の話を持ち込みました。

Wiiリモコン1本で遊べる『メトロイド』と言うテーマを提示した際、早矢仕氏は「それはつまり“最新技術のファミコンゲーム”ですね」と回答。坂本氏の思い描いている事をすんなり理解した背景には、リアルタイムに2Dの『メトロイド』を遊んだことがある開発スタッフが多かったとか。

そして今回『METROID : Other M』を作るにあたり、Team NINJAはサムスの動きに拘って制作。最初は指摘が沢山あったものの、最終的にはかっこいいサムスのモーションが出来上がりました。

プロモーション映像などを見た人ならわかると思いますが、サムスの動きが他の『メトロイド』シリーズではなかった動きをします。ここはTeam NINJAが拘って磨き上げた部分といえるでしょう。

そしてWiiリモコン1本での操作について。十字ボタンと1ボタンと2ボタン。AボタンとBボタンは横持ち中は押しにくいですし、色々と制限があるなかで解決したのは「自動化」。例として、ゲームのカメラを自動で演出することで3D空間を縦横無尽に操作しているような感覚を実現。探索についてはWiiリモコンのポインティング操作を採用することで解決。これならWiiリモコンを画面に向けるだけで可能です。
(※『スーパーペーパーマリオ』でも似たような操作がありましたが、それに近い操作ですね)

インタビューではサムスの心理描写などについて語られています。是非チェックしてみてください。

また明日7月31日はヨドバシカメラAkibaで店頭体験イベントが行われます。お近くにお住まいの方はこちらも要チェックです。

『METROID : Other M』は、9月2日に発売予定で価格は6800円(税込)です。
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  2. 『モンハン ストーリーズ』の3DSテーマ4種類が配信決定―キュートなアイルーからカッコいいオトモンまで

    『モンハン ストーリーズ』の3DSテーマ4種類が配信決定―キュートなアイルーからカッコいいオトモンまで

  3. 『ポケモン ダイヤモンド・パール』は今日で10周年!ゲームフリークの大森滋が記念イラストを公開

    『ポケモン ダイヤモンド・パール』は今日で10周年!ゲームフリークの大森滋が記念イラストを公開

  4. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  5. 【レポート】『モンハン ストーリーズ』メディア対抗戦は超白熱!果たしてインサイドの順位は…?

  6. 「ビットキャッシュ」ニンテンドープリペイド番号の取扱いを開始、6種類の価格で購入可能

  7. 『スプラトゥーン』立体パズルが11月末発売決定―全部組み立てなイカ?

  8. 『ペーパーマリオ カラースプラッシュ』TVCM公開―撮影の裏側が見えるNGシーンも…

  9. トワプリ版ゼルダ&リンクのfigma予約開始―5種類の装備が付属したDXリンクも

  10. 宮城県、被災地誘客のため『ポケモンGO』予算3000万を計上 ─ イベントや地域限定ポケモンなど

アクセスランキングをもっと見る

page top