最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us

コーエーテクモホールディングス、「GAMECITY」会員の個人情報漏洩したと公表

コーエーテクモホールディングス、「GAMECITY」会員の個人情報漏洩したと公表

2010年7月21日(水) 19時31分
  • コーエーテクモホールディングスの画像
    コーエーテクモホールディングス

コーエーテクモホールディングスは、同社グループのウェブサイト「GAMECITY」にて一部の個人情報が漏洩していたことを公表しました。

漏洩した情報は、「GAMECITY」に市民登録している一部の個人情報。「SQLインジェクション」による攻撃で、不正に情報が窃取されました。

今回の件が発覚後、すぐに不正アクセス及び情報漏洩に係る対策委員会を立ち上げ、グループ内で徹底した調査を実施し、さらに企業情報セキュリティを専門とする第三者機関による調査が行われました。

警察には2010年5月11日に被害届を提出。発表まで時間を要したことについては「万全を期すため、第三者機関による調査を実施した結果」とのこと。

コーエーテクモホールディングスは、今回の事件に対し「これまでグループ会社内の情報セキュリティ強化を図ってまいりましたが、このような事態を招いたことを厳粛に反省し、あらためて情報セキュリティ体制の総点検を行うとともに、再発防止に全社を挙げて取り組み、信頼の回復に努めてまいります」とコメントしています。

(Article written by まさと)

その他アクセスランキング