人生にゲームをプラスするメディア

「6割の親が一緒にゲームをする」子供とゲームに関する調査結果(2)・・・イード/ゲームリサーチセンター

ゲームビジネス 市場

「6割の親が一緒にゲームをする」子供とゲームに関する調査結果(2)・・・イード/ゲームリサーチセンター
  • 「6割の親が一緒にゲームをする」子供とゲームに関する調査結果(2)・・・イード/ゲームリサーチセンター
  • 汎用 子供画像
  • 「6割の親が一緒にゲームをする」子供とゲームに関する調査結果(2)・・・イード/ゲームリサーチセンター
  • 「6割の親が一緒にゲームをする」子供とゲームに関する調査結果(2)・・・イード/ゲームリサーチセンター
  • 「6割の親が一緒にゲームをする」子供とゲームに関する調査結果(2)・・・イード/ゲームリサーチセンター
  • 「6割の親が一緒にゲームをする」子供とゲームに関する調査結果(2)・・・イード/ゲームリサーチセンター
  • 「6割の親が一緒にゲームをする」子供とゲームに関する調査結果(2)・・・イード/ゲームリサーチセンター
  • 「6割の親が一緒にゲームをする」子供とゲームに関する調査結果(2)・・・イード/ゲームリサーチセンター
インサイド/GameBusiness.jpを運営する株式会社イードではゲームに関するマーケティング調査やコンサルティングを行うゲームリサーチセンターを発足。子供とゲームに関する調査を実施しました。前編に続いてその結果を発表します。

子供と一緒にゲームをするか


子供と一緒にゲームをするか、という質問では、約6割の親が一緒にゲームをするという回答でした。

子供がゲームをすることへの印象


子供がゲームをすることへの印象については、「どちらともいえない」が約半数。「まあ良いことだと思う」と「あまり良いこととは思わない」という回答が2割ずつでした。ゲームについて親の心は揺れるようです。

子供にゲームを買うタイミング


気になる「子供にゲームを買うタイミング」という設問では、誕生日とクリスマスがツートップ。これは昔から変わらないようです。次いで多いのは「ごほうびとして」というもの。「子供の欲しいゲームが発売したとき」というステキな親御さんも14%いるようでした。

ゲームソフト選びへの関与度


続いてどの程度「ゲームソフト選びに関与するか」という設問では、子供に主導権があるという回答が過半数。自分が決定権を持つというのは25%に過ぎませんでした。これは続きの質問にも繋がります。

推奨年齢マーク(CERO)の認知度ゲームソフト購入の際に年齢推奨マーク(CERO)を気にするか


CEROの年齢推奨マークについても訊きました。年齢推奨マークは、ゲームにふさわしい年齢を示したものです。まずその認知度については半数ほど。しかし、マークを気にするかという質問では、「気にする」「やや気にする」が61%、「あまり気にしない」「気にしない」が27%でした。

メーカー別認知度


メーカー別の認知度を訊いたところ、任天堂が95%でトップ、セガも9割を超えました。以下、コナミ、タカラトミー、ハドソン、カプコン、SCE、タイトーなどとなりました。

アニメ番組の視聴状況


最後におまけとしてアニメ番組の視聴状況も訊いています。ご参考まで。

調査データの詳しい内容や追加のご要望などについては以下の窓口からお問い合わせいただければ、ゲームリサーチセンターの担当者からご連絡させて頂きます。

お問い合わせはこちらまで
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. ゲームと暴力事件発生率の関係性とは?米大学が研究結果を発表

    ゲームと暴力事件発生率の関係性とは?米大学が研究結果を発表

  3. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  4. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  5. 【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

  6. 【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

  7. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  8. カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

  9. 「もじぴったん」中村隆之氏による「デジタルゲームの面白さ分析ワークショップ」レポート

  10. あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

アクセスランキングをもっと見る