人生にゲームをプラスするメディア

「悪い評判をなんとかしたい」米アクティビジョン

ゲームビジネス 市場

大手ゲーム会社は、Blogでの評判に問題があると感じているようです。

Activision PublishingのCEOであるEric Hirshberg氏は自社ゲームの評判に問題があるとするコメントを発表しています。

「確かに、ハードコアゲームにおけるブロガーのコミュニティ(ブロゴスフィア)には我が社のゲームの評判に関する問題があると思います。逃れられない論争の空気がそこにあります。消費者コミュニティでよくあることとは思いませんし、修正すべき何かがあると考えます。世界で最も愛されるゲームを多数擁する会社には、ゲーマーの間でそれにふさわしい評判があるべきです」

氏はプレイステーション3においてKevin Butler氏をイメージキャラクターに据えた広告キャンペーンを手がけました。一人のキャラクターに色々な宣伝をさせることは、ゲームごとに異なった広告を展開するのに対して「相当の価値がある」とButler氏は語ります。

「どんな業界にも、島国的で内向的で自己言及的になる傾向があると思います。他のやり方に目を向けることは斬新なアイデアを得る方法で、こうした習慣は誤りを捨て去る効果があります」

インターネットの声をどう扱うかについては多くのメーカーが悩んでいる模様。しかし自社製品の悪評に関し「よくあることとは思わない」というのは勇気ある姿勢といえるでしょう。

ActivisionのソーシャルメディアマネージャーであるDan Amrich氏はFacebookの「Activision とBobby Kotickに抵抗するゲーマーの会」に参加して対話を試みていますが、こうした取り組みが多角的になることには一定の効果があると考えられます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ハピネット、子会社2社を合併 「任天堂との関係を強化」

    ハピネット、子会社2社を合併 「任天堂との関係を強化」

  2. 社内コンテストから始まった『夢王国と眠れる100人の王子様』――開発までの経緯をプロデューサーが語るセミナー開催

    社内コンテストから始まった『夢王国と眠れる100人の王子様』――開発までの経緯をプロデューサーが語るセミナー開催

  3. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  4. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  5. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  6. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  7. ゲーム業界の「縁の下の力持ち」トーセが開発体制を改革 ― 時代に適応した事業体制の見直しと新事業部創設

  8. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  9. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  10. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

アクセスランキングをもっと見る