人生にゲームをプラスするメディア

Xbox LIVE年間売上は880億円 ― 2500万人の半分が有料会員、動画配信なども好調

ゲームビジネス 市場

新型Xbox360、6月24日より日本で発売 ― 新型カラーのアクセサリーも
  • 新型Xbox360、6月24日より日本で発売 ― 新型カラーのアクセサリーも
Xbox LIVEの売上はかなり大きな数字になるようです。

ブルームバーグが報じるところによりますと、マイクロソフトのXbox360向けオンラインサービス「Xbox LIVE」の年間売上が10億ドル(約880億円)を越えたとのことです。

マイクロソフトによると、Xbox LIVEの会員数は2500万人であり、その約半数が有料(ゴールド)会員とのこと。会費に加え、動画配信、アバターのアクセサリー、DLC(ダウンロードコンテンツ)によって利益が上げられているとされています。マイクロソフトのDennis Durkin氏によれば、今年は動画配信などの収入が会費を上回った初めての年とのこと。

同社のMatt Rosoff氏は「Xbox LIVEはXbox360本体の販売を助け、多額のロイヤリティを生み出した」とコメント。オンラインサービスがゲーム機の売上にポジティブな影響をもたらしたとの見解を明らかにしています。

Durkin氏は自社のオンライン運営を「ローンチし、支え、保持する」ことであるとコメント。「ローンチ、そして別の事業へ」というスタイルは旧来のものであり、Xbox LIVEは随時新たなものを加え続けるとしています。

Goldman Sachs Group のアナリストであるSarah Friar氏はXbox LIVEの利益率が65%ほどであると推測。スポーツ専門チャンネルESPNやActivision Blizzardとのパートナーシップやファミリー契約(2名分の料金で4人が加入できる)、Kinectなどの諸要素によってミドルティーン層からの売上を20%ほどアップできるとみています。

フレンドがどんなゲームを遊んでいるかを見ることができたり、自分が遊んでいるゲームにフレンドを誘ったりといったXbox LIVEの諸機能がコミュニティ形成の助けになっているのは確か。

先日の大統領選では10万人規模の世論調査に加え、5万5千人以上の人がXbox Liveから選挙人登録の書類をダウンロードしたとされており、「ローンチし、支え、保持する」ことで作られるXbox LIVEのコミュニティは更なる可能性を生み出していきそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. 【OGC2014】激動のソーシャルゲーム業界で変わったこと、変わらないこと~gumi West、今泉氏が語るふりかえり

  7. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  8. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  9. 【CEDEC 2010】どうやって人を育てる? コーエーテクモの人材育成

  10. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

アクセスランキングをもっと見る