人生にゲームをプラスするメディア

東京ゲームショウ2010、138社が参加し9月16日~19日開催

ゲームビジネス その他

東京ゲームショウ2010のメインビジュアル公開、テーマは「GAMEは、新章へ」
  • 東京ゲームショウ2010のメインビジュアル公開、テーマは「GAMEは、新章へ」
CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は、9月16日~19日に幕張メッセで開催する「東京ゲームショウ2010」の1日現在の出展社数と予定企業などの情報を公開しました。

それによれば昨年を上回る138社、1410小間が現在のところ決定していて、特に韓国・台湾・中国からの参加社・規模が増加しています。TGSでは「アジアNo.1の情報網羅性」と「世界最大規模」を目指し、ビジネスデイにはアジアの主要ゲーム会社の経営トップが一同に会してゲームビジネスの将来像を話し合う「アジア・ゲーム・ビジネス・サミット」も実施されます。

ビジネス機能の強化も今年の課題となっていて、海外からのビジネス来場者や海外進出を計画する国内ゲーム会社のために「国際ビジネス相談コーナー」が新たに設置されるほか、「TGSフォーラム」でもアジアでのゲームビジネスやソーシャルゲーム、3D(立体視)などにフォーカスした新セッションが導入されます。

また新規の取り組みでは、コスプレイヤー向けの新企画や、格闘ゲーム大会「闘劇」の実施、なども予定されています。

一般展示で出展が決定している企業は以下の通り。

・アークシステムワークス
・アイレムソフトウェアエンジニアリング
・アスキーメディアワークス
・Aliance Numerique
・アルケミスト
・Ignition Entertainment
・InComm
・XYZ WAVE PTE
・エンターブレイン
・カプコン
・コーエーテクモゲームス
・KONAMI
・The Bethemoth
・SIGGRAPH AISA 2010
・スクウェア・エニックス
・セガ
・ソニー・コンピュータエンタテインメント
・ディースリーパブリッシャー
・デジタルワークス エンターテインメント
・バンダイナムコゲームス
・Vuzix Corporation
・ブシロード
・プラネックスコミュニケーションズ
・マイクロソフト
・モリゲームズ
・ユービーアイソフト
・UNIQ LTD
・レベルファイブ
・台湾ゲーム館
・中国パビリオン

なお、今年も16日、17日の2日間はビジネスデイとし招待者や報道関係者に制限されますが、今年は招待者でなくとも、公式サイトを通じて申し込めばゲーム業界関係者であると確認した上で1枚5000円で販売されるとのこと。既存のコンシューマーゲーム以外にもゲーム業界は広がっており、そうした関係者も参加しやすくなりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

    VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

  2. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  3. ホラーゲーム「青鬼」テレビアニメ化決定!ショートアニメを皮切りに2017年には劇場版も

    ホラーゲーム「青鬼」テレビアニメ化決定!ショートアニメを皮切りに2017年には劇場版も

  4. GOTYは『DARK SOULS III』に!「Golden Joystick Awards 2016」受賞作品発表

  5. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  6. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  7. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  8. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  9. ゲオ、「PS VR」を10月29日(土)追加販売へ―32店舗で

  10. 【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top