人生にゲームをプラスするメディア

東京ゲームショウ2010、138社が参加し9月16日~19日開催

ゲームビジネス その他

東京ゲームショウ2010のメインビジュアル公開、テーマは「GAMEは、新章へ」
  • 東京ゲームショウ2010のメインビジュアル公開、テーマは「GAMEは、新章へ」
CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は、9月16日~19日に幕張メッセで開催する「東京ゲームショウ2010」の1日現在の出展社数と予定企業などの情報を公開しました。

それによれば昨年を上回る138社、1410小間が現在のところ決定していて、特に韓国・台湾・中国からの参加社・規模が増加しています。TGSでは「アジアNo.1の情報網羅性」と「世界最大規模」を目指し、ビジネスデイにはアジアの主要ゲーム会社の経営トップが一同に会してゲームビジネスの将来像を話し合う「アジア・ゲーム・ビジネス・サミット」も実施されます。

ビジネス機能の強化も今年の課題となっていて、海外からのビジネス来場者や海外進出を計画する国内ゲーム会社のために「国際ビジネス相談コーナー」が新たに設置されるほか、「TGSフォーラム」でもアジアでのゲームビジネスやソーシャルゲーム、3D(立体視)などにフォーカスした新セッションが導入されます。

また新規の取り組みでは、コスプレイヤー向けの新企画や、格闘ゲーム大会「闘劇」の実施、なども予定されています。

一般展示で出展が決定している企業は以下の通り。

・アークシステムワークス
・アイレムソフトウェアエンジニアリング
・アスキーメディアワークス
・Aliance Numerique
・アルケミスト
・Ignition Entertainment
・InComm
・XYZ WAVE PTE
・エンターブレイン
・カプコン
・コーエーテクモゲームス
・KONAMI
・The Bethemoth
・SIGGRAPH AISA 2010
・スクウェア・エニックス
・セガ
・ソニー・コンピュータエンタテインメント
・ディースリーパブリッシャー
・デジタルワークス エンターテインメント
・バンダイナムコゲームス
・Vuzix Corporation
・ブシロード
・プラネックスコミュニケーションズ
・マイクロソフト
・モリゲームズ
・ユービーアイソフト
・UNIQ LTD
・レベルファイブ
・台湾ゲーム館
・中国パビリオン

なお、今年も16日、17日の2日間はビジネスデイとし招待者や報道関係者に制限されますが、今年は招待者でなくとも、公式サイトを通じて申し込めばゲーム業界関係者であると確認した上で1枚5000円で販売されるとのこと。既存のコンシューマーゲーム以外にもゲーム業界は広がっており、そうした関係者も参加しやすくなりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

    【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  2. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

    【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

  5. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  6. PS VR専用FPS『RIGS』メディアセッションーロボの種類や対戦モードも

  7. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  8. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  9. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

  10. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

アクセスランキングをもっと見る

page top