人生にゲームをプラスするメディア

東京ゲームショウ2010、138社が参加し9月16日~19日開催

ゲームビジネス その他

東京ゲームショウ2010のメインビジュアル公開、テーマは「GAMEは、新章へ」
  • 東京ゲームショウ2010のメインビジュアル公開、テーマは「GAMEは、新章へ」
CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は、9月16日~19日に幕張メッセで開催する「東京ゲームショウ2010」の1日現在の出展社数と予定企業などの情報を公開しました。

それによれば昨年を上回る138社、1410小間が現在のところ決定していて、特に韓国・台湾・中国からの参加社・規模が増加しています。TGSでは「アジアNo.1の情報網羅性」と「世界最大規模」を目指し、ビジネスデイにはアジアの主要ゲーム会社の経営トップが一同に会してゲームビジネスの将来像を話し合う「アジア・ゲーム・ビジネス・サミット」も実施されます。

ビジネス機能の強化も今年の課題となっていて、海外からのビジネス来場者や海外進出を計画する国内ゲーム会社のために「国際ビジネス相談コーナー」が新たに設置されるほか、「TGSフォーラム」でもアジアでのゲームビジネスやソーシャルゲーム、3D(立体視)などにフォーカスした新セッションが導入されます。

また新規の取り組みでは、コスプレイヤー向けの新企画や、格闘ゲーム大会「闘劇」の実施、なども予定されています。

一般展示で出展が決定している企業は以下の通り。

・アークシステムワークス
・アイレムソフトウェアエンジニアリング
・アスキーメディアワークス
・Aliance Numerique
・アルケミスト
・Ignition Entertainment
・InComm
・XYZ WAVE PTE
・エンターブレイン
・カプコン
・コーエーテクモゲームス
・KONAMI
・The Bethemoth
・SIGGRAPH AISA 2010
・スクウェア・エニックス
・セガ
・ソニー・コンピュータエンタテインメント
・ディースリーパブリッシャー
・デジタルワークス エンターテインメント
・バンダイナムコゲームス
・Vuzix Corporation
・ブシロード
・プラネックスコミュニケーションズ
・マイクロソフト
・モリゲームズ
・ユービーアイソフト
・UNIQ LTD
・レベルファイブ
・台湾ゲーム館
・中国パビリオン

なお、今年も16日、17日の2日間はビジネスデイとし招待者や報道関係者に制限されますが、今年は招待者でなくとも、公式サイトを通じて申し込めばゲーム業界関係者であると確認した上で1枚5000円で販売されるとのこと。既存のコンシューマーゲーム以外にもゲーム業界は広がっており、そうした関係者も参加しやすくなりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  2. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  3. VR体験施設「Project i Can」に“ガンダムVR”が登場!同時に10月10日での営業終了が発表

    VR体験施設「Project i Can」に“ガンダムVR”が登場!同時に10月10日での営業終了が発表

  4. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  5. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  6. 遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワーク、ゲームAIによるキャラクタの「進化」を考える

  7. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  8. カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち

  9. 読売ジャイアンツと『戦国無双 ~真田丸~』が異色コラボ―特製キーホルダー付の入場券!

  10. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

アクセスランキングをもっと見る

page top