人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、他社のハードにソフトを供給するつもりはない

任天堂 Wii

任天堂プレスカンファレンス2010
  • 任天堂プレスカンファレンス2010
任天堂 岩田聡社長
「"他社のハードに自社のソフト資産を出す気はありませんか"という話は、いろいろな形でご質問を受けることがありますし、また、そのような申し入れを頂戴することもございます。それは、当社のソフトの価値を認めていただいているということでもあると思うので、そのことに関しては大変ありがたくも思います。」

と任天堂の岩田聡社長は言います。しかし、他社のハードにソフトを供給することはこれからも無さそうです。

これは任天堂の株主総会での質疑応答での一場面。ある株主が、「iPadなど他社でも面白いハードが出ているが、そうしたハードにソフトを供給するつもりはないのか」と尋ねたところ冒頭のような回答になりました。

続けて岩田社長は、京都の本社の中で、ソフトとハードのエンジニアが両方いて、「こういう物を作ればお客さんに驚いてもらえるんじゃないか」と双方でキャッチボールを絶えず行っている点に、「独創的」と呼ばれるような提案を出し続けられる要因があるのではないかと話します。「いわば、我々の娯楽というのは、ソフト主導ではあるのですが、やはりハード・ソフト一体でご提案しているわけです。」

「他社さんのデバイスを拝見しますと、"任天堂だったら絶対こうしないんだけどな"という点があります。それは任天堂とこだわりが違うのですから、どちらが正しいかという問題ではないのですが、やはり任天堂の価値観とは相容れないつくり方をされているところもあるわけです。ですから、現時点で私どもは、任天堂以外のハードウェアに任天堂がソフトを供給するということは全く考えておりませんし、また、仮に供給したとして、それは非常に短期間では小さなプラスにはなるかもしれませんが、長期的に考えますと、そのことで、任天堂プラットフォームの価値も棄損いたしますので、結果として何ら未来の任天堂の価値創造にはつながらないのではないかと考えています。ですから、私どもとしては、我々がお客様に驚いていただけると自信を持ってご提案できるようなハード・ソフト一体型の娯楽を提案することに、今後とも全力を注いでいくということで、進んでいきたいと考えております。」

任天堂のゲームは今後も、任天堂のハードで、ということになりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』Ver.0.49.1ではポケモンをまとめてアメに変換可能!アプデ情報が公開

    『ポケモンGO』Ver.0.49.1ではポケモンをまとめてアメに変換可能!アプデ情報が公開

  2. Wii U向けBASICプログラミングソフト『プチコンBIG』配信日決定!周辺機器を活用したプログラムも作成可能

    Wii U向けBASICプログラミングソフト『プチコンBIG』配信日決定!周辺機器を活用したプログラムも作成可能

  3. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『マリオメーカー』でネコピーチが極悪コースを作成! 発売直前の『ミートピア』にも迫る

    「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『マリオメーカー』でネコピーチが極悪コースを作成! 発売直前の『ミートピア』にも迫る

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 『モンハン ダブルクロス』自分で設置した「罠」を破壊可能! 狩りがより快適に

  6. タッチ操作でダンジョンを探索する『セヴァード』3DS版が配信決定、詳細は後日発表

  7. 【プレイレポ】『めがみめぐり』 スタミナ制などはなくサイコロは振り放題! 課金要素や交通系ICカード連動に迫る

  8. 『Fate/Grand Order』が「一番くじONLINE」に登場! ラインナップは12月12日にお披露目

  9. アンパンマンがWiiに初登場 『それいけ!アンパンマン にこにこパーティ』11月25日発売決定

  10. AC『ポッ拳』「エンペルト」紹介映像が公開、威厳漂う水と氷のバトルをチェック

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top