「遊んでないだろうけど、これ凄いよ!」 ― 海外メディアがWiiゲーム10本を選出

「遊んでないだろうけど、これ凄いよ!」 ― 海外メディアがWiiゲーム10本を選出

2010年6月30日(水) 15時45分
  • 王様物語の画像
    王様物語
    (c)2009 Marvelous Entertainment Inc. All rights reserved.

海外メディアが選ぶ「遊んでおくべきWiiゲーム」とはどんなラインナップでしょう?

Nintendo Powerは「多分遊んでいないだろうが、遊んでおくべき10本の凄いWiiゲーム」と題する記事を発表しています。海外メディアが遊んでおくべきと推す名作、どんなものになるのか興味深いところです。

■「多分遊んでいないだろうが、遊んでおくべき10本の凄いWiiゲーム」(Nintendo Power誌選)/b<
『朧村正』
『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』
『風のクロノア door to phantomile』
『A Boy and His Blob(ふしぎなブロビー)』
『バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ』
『サイレントヒル シャッタードメモリーズ』
『MADWORLD』
『デッドスペース エクストラクション』
『TATSUNOKO VS. CAPCOM ULTIMATE ALL-STARS』
『王様物語』

『A Boy and His Blob』『デッドスペース エクストラクション』を除く8本が日本製ゲームとなっています(英Climax Group開発の『サイレントヒル シャッタードメモリーズ』を含めると7本)。

いずれも意欲的な試みが行われているゲームばかりで、取り上げられるのも納得。日本で同様のリストを考えるとすると、どんな内容になるのでしょうか。

(Article written by 水口真)

任天堂アクセスランキング


パッケージ画像
機種 WII
ジャンル ACT/ADV
発売元 スクウェア・エニックス
開発元 スクウェア・エニックス
発売日 2009年11月12日
プレイ人数 1〜2人プレイ対応
  • ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー 関連画像
おすすめ記事
[PR]インサイド楽天