人生にゲームをプラスするメディア

ブラウニーブラウン、設立10周年迎える

その他 全般

東京・吉祥寺にあるゲーム会社ブラウニーブラウンが、6月30日で設立10周年を迎えました。

ブラウニーブラウンは、任天堂の連結子会社です。任天堂の子会社ですが、スクウェア・エニックス、レベルファイブ、マーベラスエンターテイメントなど、他社の看板タイトルも多く手掛けています。いずれも任天堂の携帯ゲーム機ですね。これまでの10年を振り返ってみましょう。

■ブラウニーブラウンが世に送り出してきたタイトル
2001年12月7日 マジカルバケーション(ゲームボーイアドバンス)
2003年8月29日 新約 聖剣伝説(ゲームボーイアドバンス)
2006年4月20日 MOTHER3(ゲームボーイアドバンス)
2006年6月22日 マジカルバケーション 5つの星がならぶとき(ニンテンドーDS)
2007年3月8日 聖剣伝説 HEROES of MANA(ニンテンドーDS)
2008年9月4日 ブルードラゴン プラス(ニンテンドーDS)
2009年11月26日 レイトン教授のロンドンライフ(ニンテンドーDS)
(『レイトン教授と魔人の笛』に収録)
2009年12月9日 かっぱ道(DSiウェア)
2010年1月28日 リヴリーガーデン(ニンテンドーDS)
2010年予定 ファンタジーライフ(ニンテンドーDS)

タイトルを見てみると、ゲームボーイアドバンスやニンテンドーDSのみですね。Wiiなどの据置型ゲーム機には手を出してません。2010年6月現在の従業員数が24人と少数ですから、携帯ゲーム機に特化しているんでしょう。

ブラウニーブラウンといえば、完成のメドが立たず開発中止になってしまったニンテンドウ64版『MOTHER3』を、ゲームボーイアドバンスソフトとして1から作り直して見事完成させた功績があります。2003年8月29日から2006年4月20日までの約2年半、全く新作が無かったのは『MOTHER3』を開発していたからですね。

タイトルではRPG系が多い傾向。最近では『かっぱ道』や『リヴリーガーデン』のような、ちょっと今までとは違うジャンルが登場し始めています。

そして11年目のブラウニーブラウンは、レベルファイブとタッグによるRPG『ファンタジーライフ』が現在鋭意製作中です。今回も作品も温かみのあるドット絵が特徴ですね。発売は2010年と言うことで、予定通りなら年内には遊べるはず。続報を待ちましょう。

また、ブラウニーブラウンはTwitterで最新情報を発信しています。ファンの方はこちらも忘れずにフォローを。
@BrownieBrownInc
《まさと》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

    「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

  2. 世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

    世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

  3. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

    このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  4. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  5. 『にゃんこ大戦争』のポノスがEスポーツ事業を始動、ゲーマー社員も積極採用へ

  6. 『マインクラフト』を通して、親子でプログラミングが学べる書籍が登場! 「気軽に楽しく」がキーワード

  7. ゲームフリークの増田順一も登壇するトークライブを開催…ゲームプログラマー学科体験説明会の一環として

  8. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

  9. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  10. 『ファイプロ』復活か!? スパチュンが「謎のサイト」オープン

アクセスランキングをもっと見る