人生にゲームをプラスするメディア

グリー、「GREE Platform」提供開始・・・各メーカーのソーシャルゲームが集う

モバイル・スマートフォン 全般

グリーは、同社の運営するSNS「GREE」にて、外部パートナーへ解放する「GREE Platform」を利用した計30社によるソーシャルゲームの提供を開始しました。

「GREE Platform」は標準規格OpenSocialに準拠した規格で、People API(ソーシャルグラフ)、Activity API(アクティビティ)、Payment API(決済機能)、Inspection API(コンテンツ監視)などのAPIが提供。パートナーはGREEの1843万人というユーザーに対してゲームやアプリケーションを提供。広告や課金収入を得る事が出来ます。

先行するミクシィやモバゲータウンとの差別化としてパートナー支援の拡充を掲げていて、スティングサービス、「GREE Fund」、プロモーション、ユーザーサポートセンターの提供(予定)などが提供されます。

現在は第一弾パートナー30社のゲームが提供開始されていて、今後も第二弾、第三弾と続く予定です。

提供開始された主なゲーム
・おみせやさんforGREE
・戦国バスター
・サンシャイン深海
・ラブシチュ for GREE
・スイーツコレクション2
・チョコボとクリスタルの塔
・天魔大戦
・恋人はキャプテン for GREE
・パイレーツレジェンド
・極プロレス
・戦国ヒーロー大戦
・ともだち市場ザッカニア
・ハッピーアクアリウム
・サカつくG
・キミカレ
・リッジレーサー
・凸凹宇宙トレジャーズbyGMO
・エドニワ
・恋愛革命
・監獄脱出少女Lie
・伝説の鍛冶屋
・刑事ハードボイルド
・偉人伝心〜大集合!歴史バトル
・キャバウォーズplus
・恋してキャバ嬢
・ぼくのレストラン2
・原始人クロマニョン
・ゲームスタジオ物語
・ナイスちょっと!ゴルフ
・スパイウォーズ
・サンシャイン牧場
・海賊クロニクル
・英雄になりたい
・国盗ニンジャ
・しろつく
・ミラクルくえすと〜どこでもダンジョン
・モンプラ
・シティハンター100万人のスイーパー
・君とナイショの・・・今日から彼氏
《土本学》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

    錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  2. シャープのスマホがなぜか『ポケモンGO』非対応に…現在は一部を除き対応

    シャープのスマホがなぜか『ポケモンGO』非対応に…現在は一部を除き対応

  3. 【レポート】『ポケモンGO』西新宿でピカチュウやレアコイルをゲット!雨の中、公園には早くもトレーナーの姿が

    【レポート】『ポケモンGO』西新宿でピカチュウやレアコイルをゲット!雨の中、公園には早くもトレーナーの姿が

  4. 任天堂、ポケモン、グーグルが『イングレス』や『Pokemon Go』を開発する米ナイアンティックに約36億円を出資

  5. 『ポケモンGO』ユーザー過多でサーバーダウンか…ログインできず(復旧)

  6. 『ポケモンGO』開発者からのメッセージとともにゲーム情報が続々公開

  7. 『BLEACH Brave Souls』1周年記念大感謝祭特設サイトにて「BLEACH」アニメの無料配信が決定!

  8. 「SMART GAME」で『ポケモンGO』限定課金額7%キャッシュバックが実施

  9. 【レポート】『ぷよぷよ!!クエスト』リアルタイム対戦は相殺と大逆転で最後の一瞬まで気が抜けない

  10. 『ポケモンGO』E3 2016情報まとめ、ポケモン交換や協力イベントなどが発表

アクセスランキングをもっと見る

page top