人生にゲームをプラスするメディア

海外ゲーマーが選ぶ「ゲームの剣トップ10」-トップはやっぱり!

その他 全般

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
  • ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
  • ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
海外ゲーマーが選ぶ「ゲームの剣トップ10」、どの剣が出てくるのでしょうか。海外メディアResumePlayは「ゲームの剣トップ10」と題した記事を発表しています。

海外ゲーマーはどんな剣がお気に入りなのでしょうか?

■「ゲームの剣トップ10」
10:デュランダル(『ファイアーエムブレム 封印の剣』)
9:キーブレード(『キングダムハーツ』)
8:カオスイーター(『ダークサイダーズ~審判の時~』)
7:時間のダガー(『プリンス・オブ・ペルシャ ~時間の砂~』)
6:エナジーソード(『Halo』)
5:ライトセーバー(『スター・ウォーズ フォース アンリーシュド』)
4:ブレイズ・オブ・カオス(『ゴッド・オブ・ウォー』)
3:バスターソード(『ファイナルファンタジーVII』)
2:ソウルエッジ(『ソウルキャリバー』)
1:マスターソード(『ゼルダの伝説』)

半分が日本ゲームの剣で、トップを獲ったのは任天堂(任天堂オブアメリカ:NOA)の大会議室の名前ともなったマスターソードでした。では、気になるところを見ていきましょう。

10:デュランダル(『ファイアーエムブレム 封印の剣』)
「西洋のプレイヤーはロイやマルスのことを思うかも知れないが、『ファイアーエムブレム』から最初にロイの父であるエリウッドを持ってきた。エリウッドはネルガルという名の邪悪な魔術師やパワフルなドラゴンたちと戦ってこれを斬り倒したが、デュランダルという伝説的な大剣を手に入れることでその任務を全うした」

9:キーブレード(『キングダムハーツ』)
「スクウェア・エニックスには、キーブレードや『ファイナルファンタジーVIII』のガンブレードのように奇妙な剣を出すセンスの良さがある。キーブレードはソラが持ち、ディズニーキャラクターを助けるのに使われた。キーブレードは戦いの他、鍵を開けるのにも使われた」

7:時間のダガー(『プリンス・オブ・ペルシャ ~時間の砂~』)
「他の剣と比べると小振りだが、この短剣はサイズを補う技能を持つ。時間の砂の魔法を発動させることができ、ユーザーが時間を巻き戻すことを許す。剣での戦いにおいてはベストの武器ではないかも知れないが、この特殊能力が充分に値打ちのあるものとする」

5:ライトセーバー(『スター・ウォーズ フォース アンリーシュド』)
「ライトセーバーはこのリストにあるどの剣よりも多くゲームでフィーチャーされた。特定の作品ではなくライトセーバー全体として語られるべきだが、『スター・ウォーズ フォース・アンリーシュド』に出てきた黒いシスのライトセーバーには言及すべき価値があるだろう。スターキラーが手に入れる最終バージョンは黒い死の虚空にも似て、彼のアーマーに良く合う」

3:バスターソード(『ファイナルファンタジーVII』)
「『ファイナルファンタジーVII』はアメリカで最も人気のあるRPGの一つであり、『ファイナルファンタジー』シリーズが西洋世界に持ち込まれるきっかけとなり、JRPG(日本製RPGの総称)を一般的にした作品だ。しかし他の作品にはクラウドの巨大な剣ほどに分かりやすいものはなかった。特にパワフルなスペシャルアタックを使う時、ターン制バトルで敵を切り裂く剣としてはバスターソード以上にクールなものはなかった」

2:ソウルエッジ(『ソウルキャリバー』)
「バスターソードがつまようじのように見える巨大な剣には悪魔のような目玉が配置されている。それを振るう何者であっても呪われるワルのブレードで、どんなに強いか知るためにはナイトメアを使うといいだろう」

1:マスターソード(『ゼルダの伝説』)
「『ゼルダの伝説』はゲーム史上最も愛されたゲームの一つであり、主人公のリンクは任天堂を代表するヒーローの一人だ。それぞれの作品で設定が違っても、緑色の服を着た英雄が持つ剣は同じ。リンクの手強い敵を打ち破る魔法がかかっているマスターソードは任天堂世界では最も偉大な武器。我々が数え切れないくらいの時間マスターソードを振るった後も、『ソウルキャリバー』へのカメオ出演のように複数のゲームやゲーム機をまたにかける。こんな剣は他にない」

RPGの剣が並ぶかと思いきや、アクションあり、FPS(一人称シューティング)ありと多彩なジャンルとなりました。皆さんが考えるトップ10にはどんな剣が並ぶのでしょうか?このランキングと比べてみるのも面白いのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『艦これ』「叢雲改二」が1/8フィギュアに!“ストッキング越しの脚線美”に見惚れる出来映え

    『艦これ』「叢雲改二」が1/8フィギュアに!“ストッキング越しの脚線美”に見惚れる出来映え

  2. ゲームにハマり過ぎた男性がメーカー訴訟を検討、仕事と妻を失う

    ゲームにハマり過ぎた男性がメーカー訴訟を検討、仕事と妻を失う

  3. 『Call of Duty』に登場する実在人物一家がメーカーへの訴訟検討 ―「野蛮に描かれている」

    『Call of Duty』に登場する実在人物一家がメーカーへの訴訟検討 ―「野蛮に描かれている」

  4. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  5. 『Fate/Grand Order』ランサー・スカサハがねんどろいど化!2017年8月発売予定

  6. 日本橋三越本店で『ペルソナ5』コンサート開催! 貴重な資料展示や目黒将司、なるけみちこ出演のファンミーティングも

  7. 「売れるためのUI/UX」とは―『オルガル』『戦国炎舞』などを手掛けたサイバーエージェントのセミナーが実施

  8. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』アップデート情報など新情報相次ぐ…『金・銀』ポケモン登場や新たな展開に関心集まる

  9. 【昨日のまとめ】『バイオハザード 7』国内向けDLC情報解禁、Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】、『ダブルドラゴン IV』新トレイラー公開…など(1/28)

  10. 「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

アクセスランキングをもっと見る