人生にゲームをプラスするメディア

ビーバーとロボットがタワーディフェンスするWiiウェア『Robocalypse: Beaver Defense』

任天堂 Wii

ビーバーVSロボットというWiiウェア、ジャンルは新・定番でした。Vogster Entertainmentは北米エリアでは5月31日から、欧米エリアでは6月4日から『Robocalypse: Beaver Defense』の配信を開始しています。

『Robocalypse: Beaver Defense』はタワーディフェンス系のゲーム。
ミュータントビーバーが操る軍用ロボット部隊から司令部を守るのが目的です。



RTS(リアルタイムストラテジー)とタワーディフェンスを融合した内容が特徴。防御機能を持ったタワーを設置するタワーディフェンス的要素に加え、「ヒーローロボット」を自在に動かして敵を柔軟に迎撃するというRTS要素を持っており、両者のエッセンスを合わせた作品となっています。

「ヒーローロボット」は両手にガトリングを持った「JOE COMMAND」、ステルス能力で忍び寄る「SPYDER SCOUT」、スナイパーライフルで狙撃する「VIPER THE SNIPER」など多彩な顔ぶれ。彼らの能力を使いこなすことが攻略のキーとなります。

2008年にニンテンドーDSで発売された『Robocalypse』が翌年iPhone用『Robocalypse - Mobile Mayhem』となり、満を持して発売されたのが『Robocalypse: Beaver Defense』。

海外メディアによれば『Robocalypse: Beaver Defense』の評価も上々なようで、日本での配信も期待したいところですね。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  2. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

    最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. レベルファイブ新作『スナックワールド』アニメ/スマホ版は2017年4月、3DS版は2017年7月登場

  7. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  8. 『ポケモン サン・ムーン』ばけのかわポケモン「ミミッキュ」公開…布に隠された中身を見た者は「謎の病」を患い苦しむ

  9. 3DS/スマホ『レディレイトン』発表!シリーズ最新作は“レイトン教授の娘”の物語

  10. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top