人生にゲームをプラスするメディア

「今のゲームは高すぎる。2600円で4~5時間で終わるゲームを」-ナムコバンダイパートナーのVPが提言

ゲームビジネス 市場

「今のゲームは高すぎる」と業界人は警鐘を鳴らします。

ナムコバンダイパートナーのバイスプレジデントであるOlivier Comte氏は、海外ゲームサイトMCVに対し、ゲームの価格は不適切なものであるとする見解を明らかにしました。

「ゲームの価格は消費者にとって高すぎるので、将来これを変えなければならないと確信しています。開発費用と小売へのマージンをあわせて40ポンド(約5200円)という価格は我々にとってフェアなものですが、消費者には高すぎます」

Comte氏がいう適切な価格は20ポンド(約2600円)ほど。20ポンドに見合った内容を提供し、その後はDLC(ダウンロードコンテンツ)に移行するというビジネスモデルを提案します。

「9月~12月は毎週超大作が発売されますが、全て買うような余裕は消費者にはありません。ゲームにとって良い価格は20ポンド前後ですが、この価格では10~15時間ものアドベンチャーを作ることはできません。20ポンドで我々が提供できるのは4~5時間のプレイで、その後はDLCで追加のお金を儲けることができます」

任天堂のようなゲーム機の販売メーカーには、パブリッシャー(流通会社)が新たなビジネスモデルへ移行することを助ける義務がある、とComte氏はいいます。

「パブリッシャーがニンテンドーDSのゲームで儲けることは不可能です。例を挙げるなら、ニンテンドーDSのゲームは15ポンド(約1900円)で売られているからです。
我々は小売にこれより安く卸さなければならないし、マーケティング、生産、ディストリビューションの全てにコストを払わなければならないのですから。これは現実的なビジネスモデルではありません」

単純に価格を下げるのではなく、プレイ時間を含めた様々な部分で改革を行わなければならない、というのが氏の主張。

「新たなビジネスモデル」とはDLC主導&4~5時間というスタイルを指すようですが、現在はプレイ時間が長期化する傾向にあるだけに、従来よりも短い時間で満足させ、さらにDLCに追加投資する気にさせる……というのは作り手の腕が問われることになりそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  3. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

    【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  4. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  5. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  6. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  7. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  8. 「ゾイド」VRデモ、ワンフェス2016冬に出展決定…実物大の「シールドライガー」が見られる

  9. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  10. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

アクセスランキングをもっと見る

page top