人生にゲームをプラスするメディア

セガサミー、好調な通期業績を発表・・・コンシューマ事業も黒字化

ゲームビジネス 市場

セガサミーホールディングス株式会社 ロゴマーク
  • セガサミーホールディングス株式会社 ロゴマーク
セガサミーホールディングスが発表した平成22年3月期の連結業績は、売上高3846億7900万円(△10.4%)、営業利益367億1200万円(+441.3%)、純利益202億6900万円(-)でした。

主力である遊技機で減収だったものの、コスト削減や価格戦略の見直しで利益率が向上しました。コンシューマ事業では国内タイトル数を絞り込み効率化を推進。販売面も海外では苦戦したものの、国内は堅調で、黒字転換しています。アミューズメント施設では引き続き店舗を見直し損失を縮小。機器ではレベニューシェアタイトルが好調で増益でした。

コンシューマ事業では前期36タイトルを17タイトルにまで絞り込み、研究開発費およびコンテンツ制作費を328億円から235億円まで縮小しました。販売本数は日本が382万本(17タイトル)、米国が1055万本(24タイトル)、欧州が1238万本(25タイトル)でした。タイトル別では米国欧州で販売を担当した『マリオ&ソニックATバンクーバーオリンピック』が653万本、『Alien vs. Predator』が169万本、『ベヨネッタ』が135万本、『Sonic & SEGA All-Star Racing』が107万本でした。

今期は海外でもタイトル数を絞り込み、研究開発費・コンテンツ制作費を更に削減する計画です。主力タイトルでは『IRON MAN 2』(5月)『Alpha Protocol』(6月)『初音ミク -Project DIVA- 2nd』(7月)『VANQUISH』(冬)などを発売予定です。販売本数は1696万本を計画します。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

    元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  2. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  3. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

    【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  4. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  5. 目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

  6. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  7. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  8. SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

  9. スカラーシップでCEDECに参加したことが大きな成果につながりました・・・ネイロ株式会社・今田智子さんインタビュー

  10. テイクツーとGameStopの株価が下落 ― 『グランド・セフト・オートV』の9月発売影響か

アクセスランキングをもっと見る

page top