最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
同性結婚・ぱふぱふ・解雇問題……ゲームとゲイの深い関係

同性結婚・ぱふぱふ・解雇問題……ゲームとゲイの深い関係

2010年5月15日(土) 10時59分
  • 同性結婚・ぱふぱふ・解雇問題……ゲームとゲイの深い関係の画像
    同性結婚・ぱふぱふ・解雇問題……ゲームとゲイの深い関係

ゲームとゲイの関わりは深く長いもののようです。

海外ゲームサイトGoNintendoは「ビデオゲームにおけるゲイ・ライツ(同性愛者の権利)の歴史」と題した画像を発表しています。

ゲームとゲイの関係というユニークな着眼点、興味深いところを見ていきましょう。

1988年には『スーパーマリオUSA』で「自分を女性だと思っている(当時の海外版マニュアルの記述による)」キャサリンが登場。

1992年の『ドラゴンクエストIIII』海外版では「ゲイバーが発売前に削除された」(“ぱふぱふ”が占い師に差し替えられたことを指す?)といいます。

1996年の『SimCopter』はプログラマーのJacques Servin氏がビキニの男性がキスするシーンをゲーム内に仕込んだとして解雇。

1998年の『Fallout2』で同性同士の結婚が初めて導入され、2004年の『Fable』以降は同性をパートナーにしたりゴールインしたりといった描写が増えていることが分かります。

近年のゲームはソーシャルな繋がりがキーワードとなっていますから、同性のパートナーシップをいかに描写するかは一つの課題となりそうです。

(Article written by 水口真)

その他アクセスランキング


機種 FC
ジャンル ACT
発売元 任天堂
開発元 任天堂
発売日 1992年09月16日
プレイ人数 1〜2人プレイ対応