人生にゲームをプラスするメディア

スーパーでゲーム機のリサイクル-再資源化に新たな試み

ゲームビジネス その他

スーパーでゲーム機のリサイクル-再資源化に新たな試み
  • スーパーでゲーム機のリサイクル-再資源化に新たな試み
スーパーマーケットがリサイクルの窓口となるユニークなプログラムです。

米国のスーパーマーケットHarris Teeterは、電子機器リサイクルプログラム「MyBoneYard」をスタートしました。

店舗にゲーム機やデジカメ、mp3プレイヤーなどの電子機器を持っていくと価値に応じたギフトカードを貰えるというもの。代金を自分で貰うのではなく、公立学校に資金援助する「Together in Education」プログラムに募金することもできます。

電源ケーブルやコントローラーの有無で買い取り価格は大きく変化します。一式揃ったWiiなら79ドル(約7400円)、初代ニンテンドーDSなら17ドル(約1600円)、20GBモデルのプレイステーション3なら79ドル(約7400円)、同じく20GBモデルのXbox360なら41ドル(約3900円)。付属品が全くなく、電源を入れても動作しないWiiは1ドル(約94円)となってしまいますので、状態のいいものを用意すると良いようです。

ゲーム機など電子機器には金・銀など様々なレアメタル(稀少金属)が使われており、そのリサイクルには大きな期待が寄せられています。毎日通うスーパーマーケットで気軽にゲーム機を回収してもらえることに意味がある訳で、再資源化が更に進むといいですね。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

    【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

  2. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

    PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  3. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

    【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  4. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  5. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  8. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. 自動LOD生成ミドルウェア「Simplygon」、第5世代をリリース ― 5月にデモツアー

アクセスランキングをもっと見る