人生にゲームをプラスするメディア

人工知能にマリオを遊ばせるコンテスト ― AIの華麗なテクを公開

その他 全般

華麗に難関を越えるマリオ・・・実はこれAIがプレイしているのです。

人間が出るゲーム大会はいくつもありましたが、「Mario AI Championship 2010」はマリオを操るAIを作成し、その腕前を競い合います。

これは前年度の「Mario AI Competition」優勝AIの動画です。自動生成されるコースを見事に駆け抜けていくAIが記録されています。



こちらはマウスカーソルを優勝AIが追尾する動画。マウスでおおまかなプレイの方針を示せるというわけで、興味深いものとなっています。



どんどん難しくなるステージに挑戦させ、コインを取った数や敵を倒した数、タイムなどを競う「GamePlay」、AIの学習能力がテーマとなる「Learning」、ステージの自動生成機能の出来映えを比べる「Level generation」の3部門が用意されています。

既に4月8日にイスタンブールで「EvoStar Competition」が行われているほか、6月20日にはバルセロナで「WCCI Competition」、8月20日にコペンハーゲンで「CIG Competition」が開催される予定。「EvoStar Competition」では前年度の優勝者であるRobin Baumgarten氏がトップを獲っており、残る2大会が注目されます。

ステージの自動生成にAIプレイとなると人間の手が不要のように思えますが、様々な制作テクニックが存在するのが面白いところ。

Baumgarten氏のサイトでは前年度のAIのソースコードも公開されていますので、機になる人はチェックしてみるのも面白いのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

    『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

  2. 【昨日のまとめ】『イナズマイレブン』『レイトン教授』新作を7月発表、『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイル判明、VR版『RO』を台湾ユーザーが開発…など(6/24)

    【昨日のまとめ】『イナズマイレブン』『レイトン教授』新作を7月発表、『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイル判明、VR版『RO』を台湾ユーザーが開発…など(6/24)

  3. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  4. 『レイトン教授』新作も7月発表!超大作かつ映画クラスのキャスティングに

  5. レベルファイブ、クロスメディアシリーズ第5弾を7月発表!イメージアートをお届け

  6. TRIGGER制作「リトルウィッチアカデミア」TVアニメ化決定

  7. 『スパロボ大戦V』寺田氏&佐竹氏が最新作を語る、90年代セガPRの立役者・竹崎氏が明かすソニックチームとの絆、人間の起源を解説したアニメーションムービー・・・編集部員も見るべきまとめ(6/24)

  8. E3の振り返り、そして編集長退任します【オールゲームニッポン 第34回】

  9. 「comico」2000万DL突破、週間読者数は350万人に

  10. VR版『ラグナロクオンライン』を台湾ユーザーが開発、これがリアルVRMMOか…

アクセスランキングをもっと見る

page top