人生にゲームをプラスするメディア

時給48円、30度の室内でマウス2000個を組み立てる工場 ― 米NGOが中国の工場を告発

その他 全般

時給48円、30度の室内でマウス2000個を組み立てる工場-米NGOが中国の工場を告発
  • 時給48円、30度の室内でマウス2000個を組み立てる工場-米NGOが中国の工場を告発
  • 時給48円、30度の室内でマウス2000個を組み立てる工場-米NGOが中国の工場を告発
  • 時給48円、30度の室内でマウス2000個を組み立てる工場-米NGOが中国の工場を告発
時給48円、15時間労働、室温30度に厳しいノルマ・・・。中国の労働事情は想像以上に過酷であるようです。



米国のNGOであるThe National Labor Committeeは、マイクロソフトに製品を供給する工場の労働条件が極めて悪いとするレポートを提出しています。

台湾KYE Systems Corp.の中国工場では、時給65セント(約60円)で15時間にも渡る労働が要求されているそうです。同社の主な取引先はマイクロソフトで、中国工場ではPC用のマウスやカメラ、Xbox360用のコントローラーが生産されています。



従業員たちには1シフト当たりマウス2000個を組み立てるノルマが課せられており、30度にも達する工場で汗みずくになって働いているといいます。トイレに行ったり水を飲んだりするのも基本的に禁止で、室温が調整されるのは「外国人のクライアントが現れる時だけ」とのことです。

給料からは衣食住の代金が引かれ、手取りは時給52セント(約48円)。宿舎では14人が一部屋にまとめられ、スポンジで身体を拭いてシャワーの代わりとしている・・・とレポートは告発します。

KYE Systems Corp.側は管理しやすいという理由で18~25歳の女性を好んで雇用し、工場の警備員からは性的な嫌がらせも行われているとされています。中国では16歳以上にならないと働けませんが、中には14~15歳の少年少女も混ざっていたそうです。従業員たちは工場を「刑務所」と呼び、6ヵ月前後でほとんどが辞めていくとのことです。

マイクロソフトのエンターテイメント&デバイス部門のバイスプレジデントであるBrian Tobey氏は以前の2年間で提出されたレポートでは問題はなかったものの、再度調査を行い「全ての適切な措置を執る」としています。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ゾイド」新プロジェクトのティザーサイトが公開、デザインはアニマリアルが担当

    「ゾイド」新プロジェクトのティザーサイトが公開、デザインはアニマリアルが担当

  2. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  3. 【週刊インサイド】「PlayStation VR」最後の予約チャンスに関心高まる…『ポケモン サン・ムーン』モンスターボールを使うポケモンも気になる存在

    【週刊インサイド】「PlayStation VR」最後の予約チャンスに関心高まる…『ポケモン サン・ムーン』モンスターボールを使うポケモンも気になる存在

  4. 『ロックマン』『ロックマン エグゼ』グッズが9月29日より多数発売!バスタオル・iPhoneケース・パスケースなど

  5. “抜刀”し“発光”せよ! 『刀剣乱舞』の刀型ペンライトが登場…本日より受注スタート

  6. 「ポケモン」「妖怪ウォッチ」をデコるクリスマスケーキが登場! 妖怪メデタイメダルやモンスターボール型ルーレットなど付属

  7. OVA「蒼き雷霆 ガンヴォルト」最新映像公開、アニメでも敵を貫く!

  8. 【日々気まぐレポ】第165回 マスターピース「セイバータイガー」が登場!生物としてのゾイドの魅力が満載のキット

  9. 話題の狂気ゲーム『Year Of The Ladybug』ってどんなゲームなの?主人公はインテリアデザイナー

  10. 【総力特集】『FPSゲームのお約束』

アクセスランキングをもっと見る

page top