人生にゲームをプラスするメディア

ファミコンロボット+ディスプレイ台の美品が高価で落札

任天堂 その他

ファミコンロボット+ディスプレイ台の美品が高価で落札
  • ファミコンロボット+ディスプレイ台の美品が高価で落札
  • ファミコンロボット+ディスプレイ台の美品が高価で落札
ファミコンの『ロボット』は思わぬ高値になったようです。

オークションサイトeBayでは、『ファミリーコンピュータ ロボット』と専用のディスプレイ台、Zapper(海外版光線銃)、NES(海外版ファミコン)、ゲームソフト2本のセットが4150ドル(約37万円)で落札されました。

ディスプレイ台は「M9」と呼ばれる任天堂公式の品。
背景となるボードには星空のイラストと共に各種の解説が書かれており、コードを接続することでライトアップも可能となっているようです。

ファミコンの発売当時に使用され、ファミコン本体+ロボット+光線銃+『ダックハント』+『ジャイロセット』をひとまとめにし「デラックスセット」として展示したものとのこと。

eBayの写真を見る限りでは、ディスプレイ台も中身もいずれも新品同様の模様。
オークションは0.99ドル(約90円)からスタートしましたが、最初の入札がいきなり200ドル(約1万8000円)と跳ね上がり、初日には1000ドル(約9万円)までアップ。
その後は1000~1200ドル(約10万円)台での攻防が続きましたが、最終日に突然1800ドル(約16万円)→4000ドル(約36万円)→4100ドル(約37万円)……と白熱。最終的には4150ドルで落札されました。

ファミコンの本体は今でも入手できますが、公式のディスプレイ台に加えて当時の任天堂が輸送に使った段ボール箱までついているとなればかなりの珍品。
手に入れた人も鼻高々なのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  2. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  3. EVO 2016『スマブラ for Wii U』準優勝、かめむし選手が語る―彼こそが最強のロックマン!

    EVO 2016『スマブラ for Wii U』準優勝、かめむし選手が語る―彼こそが最強のロックマン!

  4. Wii U向けVC『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』『ポケモンレンジャー 光の軌跡』8月3日配信

  5. キデイランドにて「カービィのプププなサマーキャンペーン」8月27日開催、キュートすぎる新グッズが登場

  6. 【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

  7. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  8. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  9. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  10. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

アクセスランキングをもっと見る

page top