人生にゲームをプラスするメディア

「ミッキーの新作は任天堂なみに成功する」-ディズニーの新作『Epic Mickey』に意欲

任天堂 Wii

「我々は任天堂の成功から学ぶ」とディズニーのスタッフは語ります。ディズニー・インタラクティブ・スタジオのバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのGraham Hopper氏は新作『Epic Mickey』への意欲を語りました。

『Epic Mickey』はディズニー世界をテーマとしたWii用ゲーム。ウォルト・ディズニー氏が初めて作ったキャラクター「Oswald the Rabbit」はミッキーマウスの人気を妬み、世界をインクで塗りつぶしてしまいます。

ミッキーは筆や絵の具などを使って世界を創造/破壊していき、行いに応じて「Scrapper(破壊者)」「Wastelander(放浪者)」「Hero(英雄)」といった性格に変化していくとのこと。ダークなビジュアルに加えて自由度が高い作品になるようです。



Hopper氏は『Epic Mickey』において任天堂式のやり方を学び、ゲームが任天堂のように成功すると語ります。「我々は任天堂の良さを学ぼうと考えました。任天堂はプロジェクトを成功させるために時間と適切なリソースを与え、上手くいくまでこれを繰り返します。我々は『Epic Mickey』で同じようにしていると考えます」「全てのサードパーティは任天堂と同じようにしていません。Wiiで任天堂レベルにまで成功するサードパーティ製ゲームがあるとするなら、それは『Epic Mickey』と思いたいです。我々と任天堂は同じルールブックに従っているからです」

そのために氏はゲームにおけるミッキーの露出を控えたといいます。「ミッキーを市場に出すのを少し控えるという意識的なアプローチを行いました。我々はゲームのビジネスにおいて、ミッキーに正当な扱いをしていないと感じていました。単にゲームのアバターやアイコンとしてミッキーを使うというのは、彼のキャラクターとしての価値には合わないものです」

ミッキーマウスといえば実に80年以上も親しまれているキャラクターであり、そのポテンシャルは極めて高いものがあります。どこかダークな世界観を持った野心的な企画、露出を控えるという戦略性、任天堂式に習ったというリソースの投入など注目すべき要素はかなり多い模様。

現時点で日本発売はアナウンスされていませんが、任天堂式で作られた世界的キャラクターのゲームが任天堂の本場である日本でどう受け止められるのかを見てみたい人も多いのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  2. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  5. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  6. 中田譲治が『世界樹の迷宮V』シャーマン少女に渋声アテレコ! 誤解からまさかの展開へ

  7. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  8. 【レポート】レベルファイブ新作発表会「LEVEL5 VISION 2016」発表内容まとめ

  9. 3DS/スマホ『レディレイトン』発表!シリーズ最新作は“レイトン教授の娘”の物語

  10. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

アクセスランキングをもっと見る

page top