人生にゲームをプラスするメディア

久々の新作ファミコンカセットは『ロックマン』風アクションゲーム

その他 全般

新作のファミコンカセットがついに発売されました。

『Battle Kid: Fortress of Peril』は海外のアマチュアが制作したファミコンカセット。『ロックマン』シリーズを思わせるアクションゲームで、大量破壊兵器を打ち砕くため、主人公がハイテク要塞に挑みます。550以上の部屋、8体のボス、30以上の敵キャラが用意されており、5段階の難易度設定が可能となかなか手応えがある内容のようです。



発売が遅れてファンをやきもきさせましたが、この度無事に売り出され、早くも品切れになっている模様。価格は30ドル(約2700円)で、「PAL及びNTSCのファミコン及び互換機で動作可能」とされています。カートリッジの形状はNES(海外版ファミコン)ですので、日本のファミコンで動かすにはアダプターが必要になるようです。

なお、カートリッジは全て新品の部品で作られており、中古カートリッジからの再利用はないとのこと。

久々の新作をカートリッジで発売する辺りがなんとも粋な計らい。やっぱりファミコンゲームはカートリッジを差し込んでこそ、というこだわりは日本も海外も同じのようですね。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

    狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

  2. 中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

    中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

  3. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アップデート実施、「ニンテンドースイッチ」ラインナップ映像公開、『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」実装…など(1/18)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アップデート実施、「ニンテンドースイッチ」ラインナップ映像公開、『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」実装…など(1/18)

  4. 「ねんどろいど カイロ・レン」予約開始―朽ち果てたダース・ベイダーのマスクも!

  5. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  6. 【日々気まぐレポ】第182回 「HGBF ルナゲイザーガンダム」登場!意外な組み合わせで誕生した異色のガンプラに迫る

  7. 【特集】自販機でジュースを買い、『鉄拳7』をさらに極める方法とは?

  8. SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

  9. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  10. 「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

アクセスランキングをもっと見る