人生にゲームをプラスするメディア

久々の新作ファミコンカセットは『ロックマン』風アクションゲーム

その他 全般

新作のファミコンカセットがついに発売されました。

『Battle Kid: Fortress of Peril』は海外のアマチュアが制作したファミコンカセット。『ロックマン』シリーズを思わせるアクションゲームで、大量破壊兵器を打ち砕くため、主人公がハイテク要塞に挑みます。550以上の部屋、8体のボス、30以上の敵キャラが用意されており、5段階の難易度設定が可能となかなか手応えがある内容のようです。



発売が遅れてファンをやきもきさせましたが、この度無事に売り出され、早くも品切れになっている模様。価格は30ドル(約2700円)で、「PAL及びNTSCのファミコン及び互換機で動作可能」とされています。カートリッジの形状はNES(海外版ファミコン)ですので、日本のファミコンで動かすにはアダプターが必要になるようです。

なお、カートリッジは全て新品の部品で作られており、中古カートリッジからの再利用はないとのこと。

久々の新作をカートリッジで発売する辺りがなんとも粋な計らい。やっぱりファミコンゲームはカートリッジを差し込んでこそ、というこだわりは日本も海外も同じのようですね。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. FC『パックマン』カセットにそっくりなモバイル充電器が登場、パッケージ・価格も本格再現!

    FC『パックマン』カセットにそっくりなモバイル充電器が登場、パッケージ・価格も本格再現!

  2. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

  3. 『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

    『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

  4. 「けものフレンズ」最終回に備える、一挙振り返り放送を実施─ニコニコ生放送にて3月25日に

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. 「このすば」2期最終回にてゲーム化が明らかに!タイトルは『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-』

  7. 「ガルパン劇場版」秋山殿が制服Verでfigmaに!敬礼が似合う「ドヤ顔」やあの「信号ラッパ」も

  8. 『聖剣伝説3』がスイッチで発売か―スクエニが公式ツイート

  9. 「すーぱーそに子 10th Anniversary Book」発売を記念するイラスト展を開催! 高精細出力の複製イラスト30点を掲示

  10. 『ニーア オートマタ』3枚組のサントラCD発売! 初回先着特典は“秘密の音源”

アクセスランキングをもっと見る