人生にゲームをプラスするメディア

レベルファイブ、海外進出へ・・・年内にも英米に拠点

ゲームビジネス 市場

大泉洋/日野社長/橋本監督・舞台挨拶(1)・・・「レイトン教授と永遠の歌姫」
  • 大泉洋/日野社長/橋本監督・舞台挨拶(1)・・・「レイトン教授と永遠の歌姫」
  • レベルファイブ、海外進出へ・・・年内にも英米に拠点
  • 【TGS2009】日野晃博×名越稔洋 名クリエイターがゲームへの思いを熱く語る
レベルファイブが年内にも米国と英国に子会社を設立して海外市場に進出することが明らかになりました。西日本新聞が伝えています。

『レイトン教授と不思議な町』でパブリッシャー事業に進出した同社ですが、これまでレイトン教授シリーズは海外では任天堂が取り扱ってきました。

まず今夏にも100%出資の子会社を米国に設立。続いて年内には英国にも同様の子会社を設立します。

日野晃博社長は「海外は市場の広さを感じる。世界に手を広げ、世界一のブランドに成長したい」と話しています。

レベルファイブは『白騎士物語』(ソニー・コンピュータエンタテインメント)、『ドラゴンクエスト9』(スクウェア・エニックス)などの受託開発を行うほか、自社ブランドで「レイトン教授」シリーズ、「イナズマイレブン」シリーズを展開。今後もスタジオジブリとのコラボレーション作品『二ノ国』や『ダンボール戦記』などの発売を予定しています。

2009年7月期の売上高は約70億円。2010年7月期はヒット作があることから100億円超を見込んでいるとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

    金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  2. セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

    セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

  3. ブシロードとグリーがスマホゲーム開発で業務提携、『戦姫絶唱シンフォギア』をポケラボが開発

    ブシロードとグリーがスマホゲーム開発で業務提携、『戦姫絶唱シンフォギア』をポケラボが開発

  4. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  5. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

  6. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  7. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  8. 【CEDEC 2016】アナログゲーム国内躍進のワケ―デジタルゲームと相互に影響しあう関係とは

  9. 角川ゲームス「TGS2016」初出展―声優ファン必見のスペシャルイベントも

  10. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

アクセスランキングをもっと見る