人生にゲームをプラスするメディア

レベルファイブ、海外進出へ・・・年内にも英米に拠点

ゲームビジネス 市場

大泉洋/日野社長/橋本監督・舞台挨拶(1)・・・「レイトン教授と永遠の歌姫」
  • 大泉洋/日野社長/橋本監督・舞台挨拶(1)・・・「レイトン教授と永遠の歌姫」
  • レベルファイブ、海外進出へ・・・年内にも英米に拠点
  • 【TGS2009】日野晃博×名越稔洋 名クリエイターがゲームへの思いを熱く語る
レベルファイブが年内にも米国と英国に子会社を設立して海外市場に進出することが明らかになりました。西日本新聞が伝えています。

『レイトン教授と不思議な町』でパブリッシャー事業に進出した同社ですが、これまでレイトン教授シリーズは海外では任天堂が取り扱ってきました。

まず今夏にも100%出資の子会社を米国に設立。続いて年内には英国にも同様の子会社を設立します。

日野晃博社長は「海外は市場の広さを感じる。世界に手を広げ、世界一のブランドに成長したい」と話しています。

レベルファイブは『白騎士物語』(ソニー・コンピュータエンタテインメント)、『ドラゴンクエスト9』(スクウェア・エニックス)などの受託開発を行うほか、自社ブランドで「レイトン教授」シリーズ、「イナズマイレブン」シリーズを展開。今後もスタジオジブリとのコラボレーション作品『二ノ国』や『ダンボール戦記』などの発売を予定しています。

2009年7月期の売上高は約70億円。2010年7月期はヒット作があることから100億円超を見込んでいるとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

    バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  2. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  3. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

    新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

  4. PS VR専用FPS『RIGS』メディアセッションーロボの種類や対戦モードも

  5. 【TGS2016】『バイオハザード』と「L'Arc-en-Ciel」夢の融合!S.T.A.R.S.隊員hydeをVRで堪能

  6. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  7. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  8. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  9. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  10. 【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる

アクセスランキングをもっと見る

page top