人生にゲームをプラスするメディア

『マリオ』『ゼルダ』の宮本氏がイギリスアカデミー賞を受賞

任天堂 その他

「功労賞だけどまだまだ現役」宮本茂×河津秋敏・・・メディア芸術祭シンポジウム
  • 「功労賞だけどまだまだ現役」宮本茂×河津秋敏・・・メディア芸術祭シンポジウム
  • 宮本茂氏がサプライズで登場!「謎の村雨城モード」とは一体!?・・・Wii『戦国無双3』発表会レポート(2)
『スーパーマリオブラザーズ』や『ゼルダの伝説』といったゲームで知られる任天堂の宮本茂氏が、英国アカデミー(British Academy of Film and Television Arts:BAFTA)のフェローシップ賞を受賞しました。

アカデミー賞は、英国映画テレビ芸術アカデミーが優れた映画などに賞を与えるというもの。フェローシップ賞は生涯功労賞に近い位置づけであり、アカデミーのチェアマンであるDavid Parfitt氏は「クリエイティブな仕事を成した個人に与えられる最高の賞賛」としています。

1971年の初代受賞者が「鳥」「サイコ」のアルフレッド・ヒッチコック監督で、その後にも喜劇王チャールズ・チャップリン氏や「インディ・ジョーンズ」「E.T.」のスティーブン・スピルバーグ監督、「2001年宇宙の旅」のスタンリー・キューブリック監督が続くのですから、その権威が分かるでしょう。

ゲーム業界では2007年に『The Sims』『シムシティ』で知られるウィル・ライト氏が初めて受賞、2009年に「ゲームの父」ことノーラン・ブッシュネル氏が選ばれており、宮本氏は3人目の受賞者となります。

宮本氏は受賞に関して「尊敬すべき賞を受けることができ、感謝しています。ビデオゲームというものは一人では作れないもので、これは『ドンキーコング』から最近の『New スーパーマリオブラザーズWii』までずっとそうでした。楽しいゲームを作るために30年の間、沢山の人と一緒に働いてきましたが、この信頼すべき同僚たちにかわって尊敬すべき賞を受賞したいです」とのコメントを発表しました。

Parfitt氏は「彼はクリエイティブな産業の発展を助け、ゲーム業界が成功し続ける大きな力となっている」と賞賛しています。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

    『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

  2. 【レポート】『めがみめぐり』発売記念イベントに伊藤彩沙&尾崎由香が登場、ツクモのおみくじでミラクルを見せる!

    【レポート】『めがみめぐり』発売記念イベントに伊藤彩沙&尾崎由香が登場、ツクモのおみくじでミラクルを見せる!

  3. 短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

    短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

  4. 『ポケモン サン・ムーン』ヨーロッパで210万本の販売を達成、発売から12日で

  5. 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

  6. 海外TV番組に「ニンテンドースイッチ」が登場!『ゼルダの伝説』最新作を実機プレイ

  7. 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 【インタビュー】箕星太朗が語る『めがみめぐり』の魅力 ― ツクモちゃんとのやりとりで癒されて貰いたいです

  10. 『ポケモン サン・ムーン』最速攻略本+完全攻略ガイド発売決定!ポケモンの生まれながらの能力を最大まで上げる「きんのおうかん」付属

アクセスランキングをもっと見る