人生にゲームをプラスするメディア

【OGC2010】ニコニコ動画が目指す、あさってへの進化・・・ニワンゴ杉本社長

ゲームビジネス 開発

【OGC2010】ニコニコ動画が目指す、あさってへの進化・・・ニワンゴ杉本社長
  • 【OGC2010】ニコニコ動画が目指す、あさってへの進化・・・ニワンゴ杉本社長
  • 【OGC2010】ニコニコ動画が目指す、あさってへの進化・・・ニワンゴ杉本社長
  • 【OGC2010】ニコニコ動画が目指す、あさってへの進化・・・ニワンゴ杉本社長
  • 【OGC2010】ニコニコ動画が目指す、あさってへの進化・・・ニワンゴ杉本社長
  • 【OGC2010】ニコニコ動画が目指す、あさってへの進化・・・ニワンゴ杉本社長
  • 【OGC2010】ニコニコ動画が目指す、あさってへの進化・・・ニワンゴ杉本社長
  • 【OGC2010】ニコニコ動画が目指す、あさってへの進化・・・ニワンゴ杉本社長
  • 【OGC2010】ニコニコ動画が目指す、あさってへの進化・・・ニワンゴ杉本社長
動画共有サイトが静止画のサービスを始める・・・。こんな、一見すると時代と逆行するアイディアを、軽やかに実現するのが「ニコニコ動画」です。そして、その数々の奇策が、コミュニティに幅広く受け入れられてきました。

そんなニコニコ動画の基本戦略とは何か。そしてユーザーコミュニティを、どのように捉えているのか。ニコニコ動画を運営するニワンゴの杉本誠司社長はOGCで「動画 生放送 静画と続く、ニコニコ動画が目指すあさってへの進化」と題して講演を行い、そうした疑問に解答しました。

ニワンゴ代表取締役社長・杉本誠司氏


はじめに、杉本氏はニコニコ動画は動画共有サイトではなく、「動画という共通の話題を通じて、多くの人につながりを持つ機会を提供する」サービスだと前置きしました。ひらたくいうとコミュニティサービスですが、複雑な議論ではなく「ちょw」「おまw」などの「感情」を共有する場。ゆるいコミュニケーションを通して、自分の存在を再認識する場という意味です。

匿名性が高く、端的にものを言うが、本質的な議論は避ける。だけど一人でいることには耐えられず、つながりは持ちたい・・・。ニコニコ動画は、こうしたユーザーニーズを、アーカイブされた動画データに対するコメントという「非同期的」的手法で、うまくすくい上げることに成功したと分析します。

その結果、会員数は無料会員1509万人、有料会員60万人、モバイル会員434万人にものぼっています。また男女別では男性7割・女性3割。年代別では20代が約半数ですが、10代が30代を上回りました。いまや中学生、高校生にとって、ニコニコ動画は話題のネタとして欠かせないモノになりました。

ニコニコ動画の会員数男女別・年齢別のユーザー分布


もっとも、こうしたユーザー属性は傾向がわかるだけで、それほど重要ではないと杉本氏は語ります。それよりもサービスのログから、ユーザーのトラッキングを分析することが重要だといいます。あるユーザーがどのようにサービス内を巡回し、コンテンツを消費していくか。「この導線をたどることで、本質的なプロファイリングが見えてくる」。

次のステップとなったのが、07年末からスタートした「ニコニコ生放送」です。アーカイブからリアル、非同期から同期コミュニケーションと、その質が大きく拡大しました。「会場と視聴者が同期することで、もっとスリルのあるコミュニケーションが投入できる」。ユーザーも時間に縛られる制約が生まれますが、逆にプレミアム感も打ち出せます。

昨年夏には吉本興業と提携し、「夏だ!祭りだ!コメントだ!ニコニコ動画12時間ぶっ通し生放送」を実施。有名タレントも登場し、20万人を超えるユーザーを獲得、累計コメント数が250万件にも上りました。こうした生放送文化は、ユーザー自身が発信者になれる「ユーザー生放送」によって、さらに進化。現在の番組数は毎月142万件、放送社が3.2万人、視聴者数は63万人にのぼります。

ニコニコ生放送ユーザー生放送ユーザー生放送の利用状況



もちろん、こうした番組はテレビ番組と比べると、画質やコンテンツの完成度の点で、天と地ほどの開きがあります。しかし、マスに向けて一斉に放送する地上波番組と、双方向を前提としたインターネット番組では、コンテンツの作り方も本質的に異なります。「動画と言いつつ、映像の質に依存しない」コンテンツが、結果としてユーザーから支持されているのです。

ニコニコ動画は今後もバージョンアップを続け、さらなるサービスの多様化を目指していくとしています。昨秋に投入されたニコニコ動画(9)では「ライトユーザーでも楽しめるサービスの導入」「ニコニコの新たな遊び場の創出」「二次創作文化圏の構築」がキーワードとなりました。もっとも、このように短期的にアップデートを続け、緊張感を持たせなければ、ユーザーに飽きられる・・・。とはいえ、これは、すべてのコミュニティサービスに共通の課題でしょう。



(9)で実装された新サービスは「ニコニコ静画」「世界の新着動画」「ニコニコ実況・ニコニコDVD」です。「ニコニコ静画」は、動画ではなく画像の投稿・共有サービスで、あるお題と起点となる画像に対して、複数のユーザーが次々に画像を投稿したり、コメントがつけられ、スライドショーで視聴できます。日本の伝統文化「連歌」にも似たサービスです。

「世界の新着動画」は、その日に投稿された動画コンテンツを生放送的に見られるサービスです。とはいえ単なるダイジェストではなく、30秒ごとに続きを見るか否か、視聴ユーザー同士で多数決がとれるというもの。アーカイブされた動画をもとに、ユーザーを巻き込んでの遊びが提供されます。

「ニコニコ実況」は、地上デジタルチューナーを接続したPC向けのサービスで、地デジの番組に対してコメントだけを提供するサービスです。ユーザーは地デジで放映中の番組に対して、リアルタイムにコメントを書き込めます。「ニコニコDVD」も同じ仕組みで、こちらはDVDビデオという共通の映像素材をネタにコメントできます。

このように、杉本氏は「動画を見てもらうことが本質ではなく、ユーザーが出会って、共有することが目的」だと強調しました。このコンセプトがぶれなければ、どのようなサービスがあってもいいし、サービスの多様化はさらなるユーザーの拡大をもたらす・・・。だからこそ、「動画ではなく静止画」という、一見すると「真逆」の進化が出てくるというわけです。



もっとも、何かをネタに会話して、自己の再確認を図るという行為は、井戸端会議や教室での雑談など、昔から繰り返されてきました。テレビのワイドショーで、ある事件に対してコメンテーターが次々にコメントする(そして、それをネタに職場や近所でおしゃべりする)なども、その好例です。しかし、今はリアルよりも、ネットの方にリアリティを感じるユーザーが増えています。

「だから、それらに適したユーザー・インターフェースを提供していく。みんながニコニコ生活する場を提供し続ける」と杉本氏は締めくくりました。「あさっての進化」と煙に巻きつつ、きわめて「素直な進化」ではないでしょうか。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  5. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  6. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  7. 『Fez』開発者Phil Fish氏がYouTuberのゲーム実況を批判「コンテンツを盗んでいる、利益を分配すべき」

  8. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  9. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  10. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

アクセスランキングをもっと見る