人生にゲームをプラスするメディア

外出先から家のゲーム機で遊ぶ、夢の周辺機器が発売

その他 全般

外出しながら家のゲーム機で遊ぶ、そんな時代が来るのかも知れません。

米Spawn Labsは「Spawn HD-720」を発売したと発表しました。
これは自宅に置いたゲーム機をどこからでもプレイできるという周辺機器。

ゲーム機の画像をネットワークで転送、これをPCで受け取ることにより、そこにゲーム機があるかのようにプレイ可能となっています。



Spawn Labsによれば「旅行先から自宅のゲーム機を遊ぶ」「自分は家にいて、ネットワーク接続を介して他の場所にいる仲間と遊ぶ」「自分のプレイ画面を配信したり、他人のプレイ画面を見る」といったことが可能とされています。



昨年9月に発表された品が今回晴れて正式発売となったもので、価格は本体とゲームコントローラー用のアダプター「Spawn Gamepad Adapter」がセットになって199.95ドル(約1万8000円)。
さらに他の人と遊びたいのであれば、その数だけの「Spawn Gamepad Adapter」を購入する必要があります。なお、同梱の「Spawn Gamepad Adapter」はプレイステーション3及びXbox360用。ゲームキューブやプレイステーション2、初代Xbox用も存在しており、それぞれ39.95ドル(約3600円)となっています。

ゲームの画像を転送するというコンセプトはクラウドコンピューティングに近いものがありますが、あくまで自分が所有する自宅のゲーム機を使うところが大きな違い。友達と一緒に遊んだり、プレイ画面を共有するなどソーシャルな側面も興味深いところです。
《水口真》

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』レアポケモンを求め多くのトレーナーが江ノ島へ、各チームリーダーのビジュアル公開、相模湾ポケモン生態調査…など(7/25)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』レアポケモンを求め多くのトレーナーが江ノ島へ、各チームリーダーのビジュアル公開、相模湾ポケモン生態調査…など(7/25)

  2. 初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

    初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

  3. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

    ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  4. 『レゴ スター・ウォーズ/フォースの覚醒』開発者インタビュー完全版 / テレビゲーム史上最高の剣士キャラクター10選 / 高温になった車内温度をもっとも早く下げる方法は?・・・編集部員も見るべきまとめ(7/25)

  5. TVアニメ「学園ハンサム」のキャスト発表! ゲーム版声優陣は「副音声」で登場

  6. 【フィグライフ!】第33回:『ポケモンGO』のせいで眠い眼をこすりながらワンフェスGO!零戦ダンボー限定モデルを無事ゲット

  7. 劇場版「ソードアート・オンライン」日商簿記とタイアップ…チーム戦「ボキワン」開催決定

  8. ワンフェス2016[夏]グッスマブースレポ―「艦これ」鹿島やアイオワなど新作に注目集まる

  9. 「ハイスコアガール」連載再開&約3年ぶりの新刊発売!リニューアル版では登場作品が変更に

  10. 「のんのんびより」宮内れんげの等身大フィギュア登場! お値段798,000円、近日予約開始

アクセスランキングをもっと見る

page top