人生にゲームをプラスするメディア

『DEAD OR ALIVE Paradise』新情報公開! バカンスでのお楽しみポイントと豪華特典内容を紹介

ソニー PSP

DEAD OR ALIVE Paradise
  • DEAD OR ALIVE Paradise
  • DEAD OR ALIVE Paradise
  • DEAD OR ALIVE Paradise
  • DEAD OR ALIVE Paradise
  • DEAD OR ALIVE Paradise
  • DEAD OR ALIVE Paradise
  • DEAD OR ALIVE Paradise
  • DEAD OR ALIVE Paradise
テクモは、2010年4月2日(金)発売予定のプレイステーション・ポータブルソフト『DEAD OR ALIVE Paradise』の新情報を公開しました。



『DEAD OR ALIVE Paradise』は、人気格闘ゲーム『DEAD OR ALIVE』シリーズに登場する女の子たちが、南の島「ニューザック島」でのんびり過ごすという内容の作品。ゲームジャンルは「バカンス」となっています。

選べるキャラクターは10人。新キャラクターであるパチスロ界ナンバーワンアイドル「Rio」は、ゲーム中のある条件を満たせば使えるようになるということです。

定番の「ビーチバレー」や、プールに浮かんでいる浮島をぴょんぴょん跳ねてゴールを目指す「ぴょんぴょんゲーム」、そしてニューザック島のナイトスポット「カジノ」で稼げる島の通貨「ザック」で、水着やアイテムなどを購入しましょう。

水着は自分が着るだけでなく、他の女の子にプレゼントすることも可能。プレゼントする前には、「ガイドブック」で相手の女の子の好みを確認した方がいいかもしれません。

島内の各スポットで「のんびりする」を選ぶと、女の子のくつろぐ姿が鑑賞できます。持っているカメラでお気に入りのショットを撮影すれば、自分だけのアルバムを作ることも可能。撮影した画像はメモリースティックに保存され、いつでも見ることができるだけでなく、PSPの壁紙にすることもできます。

以上、バカンスのお楽しみポイントをざっとご紹介しましたが、最後に2種類ある初回限定版の特典などについてご紹介します。どちらも数量限定ですので予約をお忘れなく!



初回限定版「秘密の楽園ボックス」は、PSPソフト『DEAD OR ALIVE Paradise』に加え、特典として秘密フォト盛りだくさんの「DOAシークレット写真集」、「こっそり生録ボイス&サウンドトラックCD」、そしてオリジナルデザインの「“かすみ”描き下ろしボックス」がついてきます。価格は7,329円(税込)です。

初回限定版「“かすみ”特製フィギュア&秘密の楽園ボックス」は、上記「秘密の楽園ボックス」の3つの特典と、さらに2種類の水着と髪型が楽しめる「“かすみ”特製フィギュア」がついてくるバージョンです。価格は15,729円(税込)。

なお、全国のゲームショップで予約した方に先着で「オリジナルお風呂ポスター」がプレゼントされるという予約キャンペーンも行っています。特典が確実に手に入るかどうかは、予約時にお店の方にご確認ください。

『DEAD OR ALIVE Paradise』は2010年4月2日発売予定。通常版の価格は5,229円(税込)です。

(C)TECMO,LTD. 2010
《井上晃宏》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『AKIBA'S BEAT』主人公をサポートする「メイドシステム」公開! トレカ装備やバトル続報も

    『AKIBA'S BEAT』主人公をサポートする「メイドシステム」公開! トレカ装備やバトル続報も

  2. 『スパロボV』参戦作品の戦闘画面が一挙公開、熱い戦いの様子をチェック!

    『スパロボV』参戦作品の戦闘画面が一挙公開、熱い戦いの様子をチェック!

  3. 【特集】精神障害を歌うRPG『カリギュラ』の楽曲に迫る ― 歌詞がざわめきへと変わり、心をえぐる

    【特集】精神障害を歌うRPG『カリギュラ』の楽曲に迫る ― 歌詞がざわめきへと変わり、心をえぐる

  4. 『PSO2』FFXIVコラボ「オーディン」戦の映像が公開!「真・斬鉄剣」が発動すると全滅する…実装は7月6日

  5. 『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

  6. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  7. 『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

  8. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

  9. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  10. 【インタビュー】『ニーア オートマタ』はハッピーエンド?それとも絶望?開発陣に気になるアレコレを訊いた…スカート脱衣の続報も

アクセスランキングをもっと見る

page top