人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、第3四半期業績を発表・・・年末商戦好調/1000万本超えタイトルが3本

ゲームビジネス 市場

汎用画像 任天堂
  • 汎用画像 任天堂
任天堂は平成22年3月期の第3四半期業績を発表しました。ニンテンドーDSやWiiの販売が一巡したことから、前年同期との比較では減収減益となりましたが、それでもなお強さを見せる数字が並びました。

それによれば売上高は1兆1821億7700万円(△23.1%)、営業利益2966億5600万円(△40.8%)、経常利益3145億1100万円(△10.8%)、純利益1926億100万円(△9.4%)となりました。

第3四半期は、年末商戦では昨年以上の盛り上がりを見せたものの、第2四半期までの販売減少や円高の影響で、前年と比較すると低調な業績となりました。それでも世界中で年末商戦に合わせて発売した『NewスーパーマリオブラザーWii』は1055万本、10月の『Wii Fit Plus』は1016万本、上期の『Wii Sports Resort』は1358万本など1000万本を超えるタイトルが複数ありました。DSでも国内のみの『トモダチコレクション』が274万本、『ゼルダの伝説 大地の汽笛』が世界で245万本など好調なタイトルがありました。

ハードでは、Wiiが値下げの効果もあり1705万台。ニンテンドーDSは国内のみで先行販売している「DSi LL」が70万台などシリーズ合計で2335万台でした。

通期の業績予想は変更せず、売上高1兆5000憶円、営業利益3700憶円、経常利益3700憶円、純利益2300憶円を据え置いています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. マシュのトレーニングをサポート!「FGO VR feat.マシュ・キリエライト」体験レポ

    マシュのトレーニングをサポート!「FGO VR feat.マシュ・キリエライト」体験レポ

  2. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

    【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  5. 盛り上がりみせる自主制作ゲーム・・・関係者による合同座談会で今後の展望について聞いた

  6. 【DEVELOPER'S TALK】据え置き機から携帯ゲーム機へ~追加要素満載でリメイクされた『ペルソナ3ポータブル』開発陣に聞く

  7. 中規模開発ならではの、ユニティの意外な「落とし穴」とは?『三国志コンクエスト』ポストモータム

  8. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  9. 「アーケード&家庭用撤退はない」・・・ケイブ、グリーとの資本提携で

  10. 【レポート】Cygames、エンジニア採用セミナーで最前線の開発環境や取り組み語る

アクセスランキングをもっと見る