人生にゲームをプラスするメディア

『はじめてのWii』が15年間のトップゲームに・・・米国での販売データを集計

任天堂 Wii

『はじめてのWii』は過去15年で最も売れたゲームだそうです。

米国のゲーム業界紙「IndustryGamers」は1995~2009年のトップ10を公開しました。米国の調査会社NPDグループの売上データを集計したもので、トップはなんと『はじめてのWii』になっています。

■1995~2009年に米国で売れたゲームトップ10

1. Wii Play (Nintendo), Wii
2. Guitar Hero III: Legends of Rock (Neversoft, Activision), Xbox 360/PS3/Wii/PS2
3. Grand Theft Auto: San Andreas (Rockstar North, Take-Two Interactive), PS2/Xbox
4. Call of Duty: Modern Warfare 2 (Infinity Ward, Activision), Xbox 360/PS3
5. Wii Fit (Nintendo), Wii
6. Mario Kart w/ Wheel (Nintendo), Wii
7. Call of Duty 4: Modern Warfare (Infinity Ward, Activision), Xbox 360/PS3
8. Madden NFL '07 (EA Tiburon, Electronic Arts), PS2/Xbox/GameCube/Xbox 360/PS3/Wii/NDS/PSP/GBA
9. Call of Duty: World at War (Treyarch, Activision), Xbox 360/PS3/Wii
10. Namco Museum (Namco), PS2/Xbox/GameCube


任天堂ゲームは3本がランクイン。1位に『はじめてのWii』、5位に『Wii Fit』、6位に『マリオカートWii』となっています。『はじめてのWii』は2006年発売にもかかわらず、他のゲームを制しての1位。ランキングの開始年が1995年ですから売れ行きの好調さが伺えます。

注目すべきは他のソフトがマルチプラットフォーム(複数機種での発売)であること。これらの3本がランクインしているのは純粋にWiiのみの勢いを反映していることになります。

そしてここでも怪物的な強さを発揮しているのが『Call of Duty: Modern Warfare 2(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2)』。1995~2009年の10年を集計したランキングに、2009年11月10日(北米発売日)からの2ヵ月間だけの売上で4位に食い込むのですから恐ろしいものがあります。

Activisionのゲームは4本がランクイン。2位に『ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック』、4位に『Call of Duty: Modern Warfare 2』、7位に『Call of Duty 4: Modern Warfare(コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア)』、9位に『Call of Duty: World at War』。1パブリッシャーとしては最も多くのタイトルをランクインさせていることになります。

基本的にはハードコア層向けのゲームが多く見られますが、『はじめてのWii』『Wii Fit』『ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック』などライト層にも訴求できるゲームが大健闘しています。

2010年からの10年はライト層向けのゲームがもっと増えるのか、それともハードコア層向けゲームが押し返すのか。モーションコントロールの趨勢を含め、興味深いテーマとなりそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  2. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

    最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  6. 【レポート】レベルファイブ新作発表会「LEVEL5 VISION 2016」発表内容まとめ

  7. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  8. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  9. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  10. 【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

アクセスランキングをもっと見る

page top