人生にゲームをプラスするメディア

「アバター」のゲーム版は期待外れのセールス、その理由は?

その他 全般

アバター THE GAME
  • アバター THE GAME
映画「アバター」のゲーム版は期待通りの売れ行きにならなかったそうですが、その理由は何でしょうか?

「アバター」のゲーム版は、海外ではいずれの機種も売上トップ20に入りませんでしたが、UbisoftのCEOであるYves Guillemot氏は「映画の公開が12月だったことは潜在的な問題をはらんでいたが、それは現実のものとなった」とコメントしています。

Guillemot氏によれば、「新年を迎えてもゲームが売れ続けると思った」ものの、実際の売れ行きは「典型的なホリデーシーズン後の曲線を描いた」とのことです。

氏は「今後、12月公開の映画の版権を買うことは難しいだろう。なぜなら危険すぎるし、クリスマスシーズンの売上には繋がらない。ゲーム会社にとっては良い働きをしてくれない」「映画の公開時期のプレッシャーは我々ゲーム業界にとって常に厳しいものがある。我々の今後の目標は、予め長期間に渡って準備できるようにすることだ」とコメント。映画の公開時期が大きな問題であったとの見解を明らかにしました。

但し、同社CFOのAlain Martinez氏は「「アバター」のプロジェクトは損失を出したわけではない」と付け加えたとのことです。

映画のゲームは映画を見た人が買うものですから、映画とゲームのヒット時期にはズレが生じることになります。
また、現代のゲームは開発が長期化する傾向にありますが、充分な開発期間を確保することは映画のスケジュールとの兼ね合いで難しくなりつつある……というのがGuillemot氏の意見である模様。

映画ゲームにまつわる二つの「期間」、その問題が浮き彫りになった貴重な教訓といえるでしょう。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ガンプラ40周年に向けた新プロジェクト始動! 第1弾は“可動を追求”したゼータガンダム

    ガンプラ40周年に向けた新プロジェクト始動! 第1弾は“可動を追求”したゼータガンダム

  2. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

    【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  3. 「雪ミク」デザインの「WAON」カードが北海道で登場!先行販売は2月6日より開始

    「雪ミク」デザインの「WAON」カードが北海道で登場!先行販売は2月6日より開始

  4. マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、発売日発送分の予約受付終了

  5. 『艦これ』「ねんどろいど Pola(ポーラ)」予約開始、もちろん「酔っぱらい顔」やワイン各種も同梱

  6. あなたの部屋に「エヴァ」の“第3新東京市”が出現! 1/2,500スケールモデルで2017年6月発売

  7. 【週刊インサイド】多くの読者がニンテンドースイッチの予約に注目! 『Year Of The Ladybug』開発中止も大きな話題に

  8. 「figma アーチャー」再販が決定、双剣や「カラドボルグII」などでクールな姿を再現可能

  9. 【昨日のまとめ】「マイニンテンドーストア」オープンするもアクセス困難に、『バイオハザード』シリーズの軌跡を振り返り、『DARK SOULS III』DLC第2弾が3月28日配信…など(1/23)

  10. 『ロックマンX』長編ノベルが1月26日発売、ボンボンで連載されていたコミック版の設定をベースに長編小説化

アクセスランキングをもっと見る