人生にゲームをプラスするメディア

「アバター」のゲーム版は期待外れのセールス、その理由は?

その他 全般

アバター THE GAME
  • アバター THE GAME
映画「アバター」のゲーム版は期待通りの売れ行きにならなかったそうですが、その理由は何でしょうか?

「アバター」のゲーム版は、海外ではいずれの機種も売上トップ20に入りませんでしたが、UbisoftのCEOであるYves Guillemot氏は「映画の公開が12月だったことは潜在的な問題をはらんでいたが、それは現実のものとなった」とコメントしています。

Guillemot氏によれば、「新年を迎えてもゲームが売れ続けると思った」ものの、実際の売れ行きは「典型的なホリデーシーズン後の曲線を描いた」とのことです。

氏は「今後、12月公開の映画の版権を買うことは難しいだろう。なぜなら危険すぎるし、クリスマスシーズンの売上には繋がらない。ゲーム会社にとっては良い働きをしてくれない」「映画の公開時期のプレッシャーは我々ゲーム業界にとって常に厳しいものがある。我々の今後の目標は、予め長期間に渡って準備できるようにすることだ」とコメント。映画の公開時期が大きな問題であったとの見解を明らかにしました。

但し、同社CFOのAlain Martinez氏は「「アバター」のプロジェクトは損失を出したわけではない」と付け加えたとのことです。

映画のゲームは映画を見た人が買うものですから、映画とゲームのヒット時期にはズレが生じることになります。
また、現代のゲームは開発が長期化する傾向にありますが、充分な開発期間を確保することは映画のスケジュールとの兼ね合いで難しくなりつつある……というのがGuillemot氏の意見である模様。

映画ゲームにまつわる二つの「期間」、その問題が浮き彫りになった貴重な教訓といえるでしょう。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『FINAL FANTASY XV』パロディ映像が話題に―田畑ディレクターも大爆笑!

    『FINAL FANTASY XV』パロディ映像が話題に―田畑ディレクターも大爆笑!

  2. 「けものフレンズ」新作映像制作に加え、新たなプロジェクトも準備中

    「けものフレンズ」新作映像制作に加え、新たなプロジェクトも準備中

  3. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

    【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  4. 『ニーア オートマタ』海外ファンの2Bコスプレが本人すぎる…

  5. 『キングダム ハーツ』15周年イラストを公開

  6. 「俺妹」新垣あやせが等身大フィギュアに! スカートをたくし上げる大胆ポーズで登場

  7. 【昨日のまとめ】ディンゴ倒産―代表作は『フォトカノ』『Project DIVA』、「けものフレンズ」新作映像の制作が決定、『ニーア オートマタ』パッチ1.06を配信…など(3/29)

  8. TV未放送エピソード「カオスチャイルド SILENT SKY」制作決定

  9. コーエーテクモゲームス、新ブランド「midas」を発表─スマホ市場で新IP創発を目指す

  10. 最終回で終わりじゃない!「けものフレンズ」新作映像の制作が決定、新フレンズと思しきビジュアルも

アクセスランキングをもっと見る