人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が「Zii」「Oii」「Pii」「Qii」「Uii」「Yii」を商標登録していた

任天堂 Wii

任天堂がZii、Cii、Bii、Yii、OiiなどWiiと関連のありそうな複数の商標を2006年に出願していたことが、海外サイトにより今になって発見されました。

以下、確認された商標の一覧。

Bii」(ビイ,ビー)
Cii」(シー)
Dii」(ヂイ,ヂィー,ディイ,ディー)
Fii」(フィイ,フィー)
Gii」(ギイ,ギー)
Oii」(オイイ, オイー)
Pii」(ピイ,ピー )
Qii」(キイ,キー )
Lii」(リイ,リー)
Nii」(ニイ,ニー )
Rii」(リイ,リー )
Tii」(チイ,チー )
Uii」(ウイイ,ウイー)
Vii」(ビイ,ビー)
Yii」(イイー)
Xii」(キシー,クシー)
Zii」(ジイ,ジー)


これらの商標は新製品の名前としてではなく、Wiiの発売当初、保護目的で一通り申請されたものの可能性が高いですが、Oii(オイイ、オイー)や「Pii」(ピイ,ピー )といったネーミングは、あまり任天堂らしからぬ強引さが感じられます。あの「Vii」も実は任天堂が既に商標登録していたとは……。

海外で噂されるWii後継機のネーミングも気になるところですが、これらの商標が日の目を見る時は来るのでしょうか。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. ヨドバシ.comでニンテンドースイッチ(グレー)の予約受付が再開【追記あり】

    ヨドバシ.comでニンテンドースイッチ(グレー)の予約受付が再開【追記あり】

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  3. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  4. ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

  5. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  6. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  7. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  8. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

アクセスランキングをもっと見る