人生にゲームをプラスするメディア

Wii版『ゼルダの伝説』に関して青沼氏が語る-「『トワイライトプリンセス』が新たな出発点」

任天堂 Wii

新たな『ゼルダの伝説』に関し、任天堂の青沼英二氏は『ゼルダの伝説トワイライトプリンセス』が出発点であると語ります。

青沼英二氏は海外ゲームサイトIGNのインタビューに対し「『トワイライトプリンセス』では、これまで見たこともなかったようなリアルで広大な世界を創り出そうと努力しました。しかし、この目標が完全に達成できたとは思えません。これは将来のシリーズで僕らが改善しようとする出発点であり、僕らはいまWiiの新作に取り組んでいます」とコメントしています。

青沼氏は更に「ゲームが長く記憶されているためには、シリーズの将来の作品に向け新たな出発点を設定したという強い印象を残さなければならないんです。『時のオカリナ』がそうだったように。僕らは『トワイライトプリンセス』の経験を生かし、これを改善するために仕事をしています」と続けています。

これまでにも青沼氏は「僕は世界を作りたい。プレイヤーがゲームの中に入っていってどれだけ驚いてくれるか。そういうものを作ることが『ゼルダ』を作ることだと思っています」とゲーム世界の作り込みとインタラクティブ性が『ゼルダの伝説』シリーズにおいて重要であるとしており、これらの発言は、未だに全容が明らかにされないWii版の新作『ゼルダの伝説』を読み解く上でのキーワードとなりそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  2. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

    ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  3. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

    スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  4. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  5. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  6. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

  7. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  8. スイッチ『いっしょにチョキッと スニッパーズ』はロンチソフトに、公式サイトがオープン

  9. あの『超惑星戦記メタファイト』が復活!インティ・クリエイツ新作『ブラスターマスターゼロ』2017年春発売

  10. 2月25日・26日に大阪でニンテンドースイッチ体験会が開催、『ゼルダの伝説 BotW』『1-2-Switch』が体験可能

アクセスランキングをもっと見る