人生にゲームをプラスするメディア

Wiiウェアの体験版配信に効果有り?-「売り上げが明確に増えている」と業界人

任天堂 Wii

Wiiウェアの体験版配信は着々と成果を上げているようです。

ダウンロードで購入するWiiウェアは体験版が存在しないことが弱点だと言われてきました。日本でも11月17日から体験版の配信がスタート。11月24日のランキングで『乱戦!ポケモンスクランブル』『ポケモン不思議のダンジョン いくぞ!嵐の冒険団』『グーの惑星』の体験版がトップ3を独占するなど注目を集めています。

『グーの惑星』を開発した2D BoyのKyle Gabler氏は体験版の順位を注視していたわけではないとしつつも「売り上げが明確に増えている」とコメント。
『BIT.TRIP BEAT』の生みの親であるGaijin GamesのAlex Neuse氏は「任天堂がダウンロード配信に関し、更にサービスしてくれることを望みます」と語っています。

海外ゲームサイトnintendolifeは「体験版の配信は、広告を必要としているサービスのためには大きな一歩だ。しかしデベロッパーと任天堂が本当にサービスを軌道に乗せるには、ニンテンドーDSやWiiでやったようにゲーマーの輪の外側にもアピールしなければならない」とまとめています。

任天堂はWiiウェアでは体験版の配信をスタートさせ、DSiウェアをインストールしたニンテンドーDSiを海外限定で発売しています。
ダウンロード配信は大きな市場とされていますが、知識を必要とするものだけにアピールの重要性は増していくのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  3. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

    警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  6. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  7. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  8. 今週発売の新作ゲーム『討鬼伝2』『アイドルマスター プラチナスターズ』『パズドラクロス 神の章/龍の章』他

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

アクセスランキングをもっと見る

page top