人生にゲームをプラスするメディア

『ラブプラス』発売後2か月で販売数15万本突破!人生を変える(!?)その魅力とは

任天堂 DS

ラブプラス
  • ラブプラス
  • 『ラブプラス』発売後2か月で販売数15万本突破!人生を変える(!?)その魅力とは
KONAMIが発売したDS向けコミュニケーションゲーム『ラブプラス』が2009年9月3日の発売から約2か月で、販売数15万本を突破しました。



一般的に「恋愛ゲーム」といわれるジャンルでは、5万~6万本の販売本数が平均的といわれる中、『ラブプラス』は発売1か月で9万本を突破、発売2か月を越えた11月現在、販売本数15万本という驚異的な数字をたたき出したとのことです。

実際、発売当初より、店頭やamazonでの在庫ゼロという状態が続き、amazonランキングでも常に上位をキープ。『ときめきメモリアル』で“恋愛シュミレーションゲーム”の地位をオタク文化から引き上げたコナミの新作発売ということで、ファンからの注目は高かったわけですが、何がここまでのヒットの要因となったのか、女性向けマーケティングを行うトレンダーズでは20代の男性500名に行ったリサーチを行いました。



それによると、64%が自分は「草食男子」と認める結果となりました。そのうち実際に彼女が必要だと思っている男性は62%。やはり草食男子と言えども「女の子と付き合いたい」という願望は強いようです。

しかし一方で、ゲームのなかで恋愛を楽しむことを「アリ」だと回答したのは42%で、バーチャルと現実の両方において“女の子と付き合いたい願望”が多いにあるということがわかる結果となりました。

そんな「草食男子」をも虜にしている「ラブプラス」について、「彼女がいない歴=年齢のオレにはいい予行練習になる」「(ラブプラスの)彼女に励まされて、(現実の)バイトに受かりました!」「これまでの人生のなかで今が1番幸せ。すべてコナミ様のお陰です。」「奥さんと付き合い始めの頃を思い出させてくれる偉大なゲームです。」といった感想が寄せられたそうです。

『ラブプラス』は現在発売中で、価格は5,800円(税込)です。

(C)2009 Konami Digital Entertainment
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

    「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

  2. 短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

    短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

  3. 『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

    『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

  4. 海外TV番組に「ニンテンドースイッチ」が登場!『ゼルダの伝説』最新作を実機プレイ

  5. 【インタビュー】箕星太朗が語る『めがみめぐり』の魅力 ― ツクモちゃんとのやりとりで癒されて貰いたいです

  6. 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索

  7. 『ポケモン サン・ムーン』ヨーロッパで210万本の販売を達成、発売から12日で

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 【3DS DL販売ランキング】『ポケモン ムーン』トップ奪還、『ブレイブダンジョン』5位へ浮上(12/8)

  10. 『モンハン ダブルクロス』最新映像で“レンキンスタイル”の勇姿に迫る! 「ドリフターズ」や「SHOW BY ROCK!!」とのコラボも

アクセスランキングをもっと見る